NPDグループから2019年3月の米国ゲーム小売市場規模が報告。ハードウェア、ソフトウェア、周辺機器・アクセサリ、ゲームカードへの支出は、前年同月比で11%減の12億ドルでした。すべての部門が前年実績に対して減少したことから2桁減となっています。1〜3月期の市場規模は2%減の32億ドルでした。普及期を過ぎたハードウェアが13%減少したことが響きました。

ソフトウェア

ソフトウェアの2019年3月の売上高は11%減の5億4700万ドル。Q1売上高は2%増加して15億ドルでした。月間1位を獲得したのはUbisoftの『The Division 2』。Ubisoftとして歴代6位につけるローンチ規模となっており、『キングダムハーツ3』に次いで、2019年ここまでの売上2位に入りました。

3月の2位はフロム・ソフトウェアとActivisionの『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』がランクイン。年間8位につけており、フロム・ソフトウェアとしては『Dark Souls III』に次ぐ歴代2位のローンチとなりました。3位の『MLB 19: The Show』はフランチャイズ史上最高の月間売上を記録。野球ゲームのセールス記録を更新しました。『Devil Cry 5』は4位。これまで最も好調なスタートを切った『 Devil May Cry 4』に次ぐ、シリーズ2位の初月販売となっています。任天堂の『ヨッシー クラフトワールド』は9位でした。

2019年3月 U.S.チャート トップ10

  1. Tom Clancy’s The Division 2
  2. Sekiro: Shadows Die Twice
  3. MLB 19: The Show
  4. Devil May Cry 5
  5. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)
  6. Red Dead Redemption II
  7. NBA 2K19
  8. Grand Theft Auto V
  9. Yoshi’s Crafted World (ヨッシー クラフトワールド)
  10. Call of Duty: Black Ops 4

2019年1-3月 トップ10

  1. Kingdom Hearts III キングダム ハーツ III
  2. The Division 2
  3. Anthem
  4. Resident Evil 2 (バイオハザード RE:2)
  5. Red Dead Redemption II
  6. Jump Force (ジャンプフォース)
  7. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)
  8. Sekiro: Shadows Die Twice
  9. Call of Duty: Black Ops 4
  10. New Super Mario Bros. U Deluxe (Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス)

過去12ヶ月の人気ソフト トップ10

  1. Red Dead Redemption II
  2. Call of Duty: Black Ops 4
  3. NBA 2K19
  4. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)
  5. Madden NFL 19
  6. Marvel’s Spider-Man
  7. God of War 2018
  8. Assassin’s Creed: Odyssey
  9. FIFA 19
  10. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)

NPDグループのアナリストMat Piscatella氏によれば、3月までの売上の結果、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が『スーパーマリオ オデッセイ』を抜いてSwitchソフトの歴代3位に浮上しました。ちなみにトップは『マリオカート8 デラックス』、2位は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。5位に『スーパー マリオパーティ』が入ってきている米国らしいランクとなっています。

ハードウェア

ハードウェア市場の2019年3月の売上高は15%減の2億8,200万ドル、Q1売上高は13%減の7億5,900万ドルでした。ソニーが次期PlayStation(PS5)に関する話を見せ始めるなど、市場を牽引してきた第8世代もピークアウトし全体的に落ち込みを見せる中、Nintendo Switchは好調を維持。3月と第1四半期の両方で、販売台数・売上高ともに最も売れた、ベストセラーハードとなりました。スイッチに関しても、真偽はともかく新型の噂が絶えません。新バージョンが発表されれば、現行バージョンの売上は鈍化する可能性があります。

周辺機器・アクセサリー、ゲームカード

周辺機器・アクセサリーやゲームカードの売上高は7%減少の3億4,900万ドルでした。Q1を通して見ると9億2,900万ドルで2%の増加。3月にも成長を見せたコントローラー分野がこのカテゴリーを牽引。特に売れ行きが良いのは「DualShock 4 Wireless Controller Black」で、販売個数と売上高、両方で1位を記録しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で