NPDグループから2019年2月の米国ゲーム市場規模が報告。ハードウェア市場は二桁減と落ち込んだものの、『Anthem』や『Jump Force (ジャンプフォース)』など新作ソフトのローンチが好調だったソフトウェアや周辺機器が伸び、全体では4%プラスの10億4,700万ドルを記録しました。

2019年2月の米国ゲーム市場規模

  • ハードウェア:2億7,700万ドル(▲12%)
  • ソフトウェア(PCソフトを含む):4億5,700万ドル(+15%)
  • 周辺機器・アクセサリ(プリペイドカードを含む):3億1,300万ドル(+6%)
  • 合計:10億4,700万ドル(+4%)

ソフトウェア:AnthemやJump Forceが牽引

2月の月間トップ20

  1. Anthem**
  2. Jump Force (ジャンプフォース)
  3. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)
  4. Far Cry New Dawn
  5. Red Dead Redemption II
  6. Resident Evil 2 2019 (バイオハザード RE:2)
  7. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  8. Metro: Exodus**
  9. NBA 2K19
  10. Call of Duty: Black Ops IIII**
  11. New Super Mario Bros. U Deluxe (Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス)*
  12. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  13. Grand Theft Auto V
  14. Assassin’s Creed: Odyssey
  15. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  16. Minecraft ***
  17. Super Mario Party (スーパー マリオパーティ)*
  18. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  19. Madden NFL 19**
  20. Marvel’s Spider-Man

*デジタル販売を含まず
**PCデジタル販売を含まず
**Xbox One と PlayStation 4 デジタル販売は含まず

ソフトウェア市場は前年2月と比べて15%増の4億5,700万ドル。2月を制したのは、BioWareが手がけるタイトルとしては『Mass Effect 3』に次ぐ歴代2位のローンチセールスとなった『Anthem』でした。

『Anthem』の売上にはPCデジタルやEA Access Premier分が含まれていないので集計的にはやや不利となったものの、それでも力強い立ち上がりとなりました。販売面は良かった一方で、ゲームの内容面では絶賛から遠い評価となってます。アップデートや拡張によりユーザーと長期的な関係を構築していけるでしょうか。

2位に入ったのはバンダイナムコの『Jump Force (ジャンプフォース) 』。パブリッシャー・バンダイナムコとして、過去3位という初動を見せているということです。

3位は『キングダム ハーツ III』。引き続き好調な推移となっており、今のところ年間1位の売上となっています。発売から2か月でキンハーシリーズ史上最大の売上を記録し、『キングダム ハーツ II』のペースを8割上回っています。

『Metro Exodus』は8位でデビュー。前作『Metro: Last Light』の売上を50%近く上回り、シリーズ記録を更新しました。

任天堂ソフトでは『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が7位、『Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス』が11位など、トップ20内に5作がランクイン。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は15位につけています。ニンテンドー3DSでは『妖怪ウォッチ3』が発売。総合トップ20には入らなかったものの、3DSのトップ10では1位に立ちました。

2019年 年間売上ランキング (1-2月)

  1. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)
  2. Anthem**
  3. Resident Evil 2 2019 (バイオハザード RE:2)
  4. Jump Force (ジャンプフォース)
  5. Red Dead Redemption II
  6. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  7. Call of Duty: Black Ops IIII^
  8. New Super Mario Bros. U Deluxe (Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス)*
  9. NBA 2K19
  10. Ace Combat 7: Skies Unknown

過去12か月の売上 トップ10

  1. Red Dead Redemption II
  2. Call of Duty: Black Ops IIII**
  3. NBA 2K19
  4. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  5. Madden NFL 19**
  6. Marvel’s Spider-Man
  7. Far Cry 5
  8. God of War 2018
  9. Assassin’s Creed: Odyssey
  10. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*

Xbox One トップ10

  1. Anthem
  2. Jump Force (ジャンプフォース)
  3. Far Cry New Dawn
  4. Red Dead Redemption II
  5. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)
  6. Call of Duty: Black Ops IIII
  7. NBA 2K19
  8. Resident Evil 2 2019 (バイオハザード RE:2)
  9. Metro: Exodus
  10. Grand Theft Auto V

PlayStation 4 トップ10

  1.  Anthem
  2. Jump Force (ジャンプフォース)
  3. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)
  4. Red Dead Redemption II
  5. Resident Evil 2 2019 (バイオハザード RE:2)
  6. Metro: Exodus
  7. Far Cry New Dawn
  8. NBA 2K19
  9. Call of Duty: Black Ops IIII
  10. Marvel’s Spider-Man

Nintendo Switch トップ10

  1.  Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)
  2. New Super Mario Bros. U Deluxe (Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス)
  3. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)
  4. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)
  5. Super Mario Party (スーパー マリオパーティ)
  6. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)
  7. Pokemon: Lets Go Pikachu (ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ)
  8. Pokemon: Lets Go Eevee (ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ)
  9. Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
  10. Minecraft

Nintendo 3DS トップ10

  1. Yo-Kai Watch 3 (妖怪ウォッチ3)
  2. Etrian Odyssey: Nexus (世界樹の迷宮X)
  3. Mario & Luigi: Bowser’s Inside Story + Bowser Jr’s Journey (マリオ&ルイージRPG3 DX)
  4. Pokemon: Ultra Sun (ポケットモンスター ウルトラサン)
  5. Pokemon: Ultra Moon (ポケットモンスター ウルトラムーン)
  6. The Legend of Zelda: Majora’s Mask 3D (ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D)
  7. Super Smash Bros. (大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS)
  8. Super Mario Maker (スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS)
  9. Mario Kart 7 (マリオカート7)
  10. Super Mario 3D Land (スーパーマリオ 3Dランド)

ハードウェア

ハードウェア市場は12%減少して2億7,700万ドルでした。1位はNintendo Switchで、任天堂にとって2011年以降で最も勢いのある2月売上高となりました。

周辺機器・アクセサリ

周辺機器・アクセサリ市場は再び増加に転じて6%増の3億1,300万ドルでした。市場拡大の主要因はコントローラーの売上が伸びているからのようで、中でも任天堂のコントローラーはこの2月に80%近く増加。1〜2月では90%伸びているということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で