NPDグループから2019年5月の米国ゲーム小売市場規模が報告されています(一部デジタル販売を含む)。2019年5月の売上高は前年から11%減少し、6億4,100万ドルでした。ハード、ソフトともに二桁減。1-5月の売上高は47億ドルとなり、ここにきて前年を3%下回りました。

2019年5月 米ゲーム小売市場規模

  • ハードウェア:1億4,900万ドル(▲20%)
  • ソフトウェア:2億6,200万ドル(▲13%)
  • 周辺機器・アクセサリ:2億3,000万ドル(+0%)
  • 合計:6億4,100万ドル(▲11%)

ソフトウェア

NPDのデータは主に小売店で販売された数字となります。デジタルマーケットで販売された数字も一部含まれますが、任天堂は自社ソフトの数字を共有しておらず、Activision BlizzardもBattle.netの売上を提供していません。

また、公開されているランキングは販売本数ではなく、金額ベースでのランキングとなります。

2019年5月 月間 U.S. チャート

  1. Mortal Kombat 11
  2. Days Gone
  3. Total War: Three Kingdoms
  4. Rage 2*
  5. Grand Theft Auto V
  6. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  7. Red Dead Redemption II
  8. MLB 19: The Show
  9. Minecraft**
  10. NBA 2K19
  11. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  12. Tom Clancy’s The Division 2**
  13. Call of Duty: Black Ops 4**
  14. New Super Mario Bros. U Deluxe (New スーパーマリオブラザーズ U デラックス)*
  15. Marvel’s Spider-Man
  16. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  17. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  18. Assassin’s Creed: Odyssey
  19. Team Sonic Racing (チームソニックレーシング)
  20. Yoshi’s Crafted World (ヨッシークラフトワールド)*

*デジタルセールスを含まず。
**PCデジタルセールスを含まず

5月の米国市場を制したのは、2ヶ月連続で『モータルコンバット11』でした。2位は『Days Gone』で、1位と2位両方が4月発売の準新作ソフトとなりました。新作トップは『Total War: Three Kingdoms』で3位、『Rage 2』はデジタルデータを含まないにもかかわらず4位に入りました。

同じくデジタル販売を含まないNintendo Switchソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は6位。『マリオカート8 デラックス』(11位)や『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』(14位)、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(16位)、『ヨッシークラフトワールド』(20位)と、トップ20に5タイトルが入りました。

『チームソニックレーシング』は初登場19位でした。

ソフトウェア市場の売上高は2億6,200万ドル。前年と比べて13%減少しました。これは2013年5月に2億2,200万ドルをつけて以降最少の数字だそう。5月の新作売上高は1998年5月以降でワーストでした。

年間ランキング トップ10(2019年1-5月)

  1. Mortal Kombat 11
  2. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)
  3. Tom Clancy’s The Division 2**
  4. Anthem**
  5. Resident Evil 2 2019 (バイオハザード RE:2)
  6. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  7. Red Dead Redemption II
  8. Days Gone
  9. MLB 19: The Show
  10. Sekiro: Shadows Die Twice (隻狼)

過去12ヶ月の売上トップ10

  1. Red Dead Redemption II
  2. Call of Duty: Black Ops IIII**
  3. NBA 2K19
  4. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  5. Madden NFL 19**
  6. Marvel’s Spider-Man
  7. Assassin’s Creed: Odyssey
  8. Mortal Kombat 11
  9. FIFA 19**
  10. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)

Xbox One トップ10

  1. Mortal Kombat 11
  2. Rage 2*
  3. Red Dead Redemption II
  4. Tom Clancy’s The Division 2
  5. Grand Theft Auto V
  6. NBA 2K19
  7. Minecraft
  8. Forza Horizon 4
  9. Call of Duty: Black Ops IIII
  10. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege

PlayStation 4 トップ10

  1. Mortal Kombat 11
  2. Days Gone
  3. MLB 19: The Show
  4. Rage 2*
  5. Grand Theft Auto V
  6. Marvel’s Spider-Man
  7. Red Dead Redemption II
  8. Call of Duty: Black Ops IIII
  9. NBA 2K19
  10. Tom Clancy’s The Division 2

Nintendo Switch トップ10

  1. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  2. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  3. New Super Mario Bros. U Deluxe (New スーパーマリオブラザーズ U デラックス)*
  4. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  5. Mortal Kombat 11
  6. Yoshi’s Crafted World (ヨッシークラフトワールド)*
  7. Super Mario Party (スーパー マリオパーティ)*
  8. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)*
  9. Pokemon: Lets Go Pikachu (ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ)*
  10. Pokemon: Lets Go Eevee (ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ)*

Nintendo 3DS トップ10

  1. Pokemon: Ultra Sun (ポケットモンスター ウルトラサン)*
  2. Pokemon: Ultra Moon (ポケットモンスター ウルトラムーン)*
  3. Detective Pikachu (名探偵ピカチュウ)*
  4. The Legend of Zelda: Majora’s Mask 3D (ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D)*
  5. Super Mario Maker (スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS)*
  6. Mario Kart 7 (マリオカート7)*
  7. Super Smash Bros. (大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS)*
  8. Kirby’s Extra Epic Yarn (毛糸のカービィ プラス)*
  9. Luigi’s Mansion (ルイージマンション)*
  10. Mario & Luigi: Bowser’s Inside Story + Bowser Jr’s Journey (マリオ&ルイージRPG3 DX)*

ハードウェア

2013年末よりはじまった第8世代も世代交代時期へと差し掛かり、2019年5月の売上高は20%減少の1億4,900万ドルと市場は大きく縮小しました。販売トップは唯一前年比プラスを続けるNintendo Switch。販売台数、売上高の両方でPlayStation 4やXbox Oneといった競合製品を上回り1位となりました。

2019年5月までの、ハード市場全体の売上高は11億ドル。これは2018年の同時期と比べて17%減少しています。

ソニーは次期PlayStation(仮にPS5)に取り組んでいることを明かし、マイクロソフトもまた、E3 2019で次世代Xbox (Scarlett) を発表しました。上位モデルの投入などでテコ入れ、製品寿命の長期化を図ってきた第8世代ですが、成熟期から衰退期へフェーズの移行が鮮明になってきそうです。

5月のレポートを受けてVentureBeatは「The end of a generation」という見出しをつけています。

周辺機器・アクセサリ

最後に周辺機器・アクセサリ市場です。ハード・ソフトが減少したにもかかわらず、この分野の売上高は前年と同規模を維持し、2億3,000万ドルでした。年初来の売上高は3%増の14億ドルとなっています。

5月最も人気だったのは「DUALSHOCK 4 ジェット・ブラック」。2019年これまでで最も売れている製品でもあります。コントローラーを含む周辺機器類やプリペイドカードなどは大きく伸びたわけではありませんが好調を維持。「Toys-to-Life」と入れ替わるようにして基本プレイ無料ソフトが人気となり、決済用のプリペイドカード販売が増加。また『Fortnite』『Apex Legends』『PlayerUnknown’s Battlegrounds (PUBG)』などのタイトルで他プレイヤーとコミュニケーションを楽しもうと、ヘッドセットや新しいコントローラーの需要も高まりをみせています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で