任天堂が4月25日に発表した2019年3月期決算は大幅な増収増益となりました。売上高は13.7%増の1兆2,005億円、営業利益は40.6%増の2,497億円、経常利益は39.1%増の2,773億円、純利益は39.0%増の1,940億円でした。

スイッチはソフトがハード販売に貢献

年末の目玉タイトル『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が1,381万本、『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』が1,063万本、『スーパー マリオパーティ』が640万本を記録するなどNintendo Switchソフトが販売を伸ばし、ハードウェアの販売拡大にも貢献。

また『マリオカート8 デラックス』が747万本となるなど定番タイトルも好調を持続したほか、ソフトメーカー製タイトルも販売数を伸ばし、19年3月期のミリオンセラータイトルは、全体で23タイトルとなりました。

ソフト販売本数は目標の1億1,000万本を超過して1億1,855万本。ただしその一方で、ニンテンドースイッチ本体の販売台数は修正した1,700万台に届かず1,695万台でした。

3DSは大幅減。ハードは60.2%減の255万台、ソフトウェアは62.9%減の1,322万本となりました。発売から8年が経過したことや、Switchが携帯機需要を取り込んでいることが一因と見られます。この他、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」と「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は合計で595万台を販売しています。

ゲーム専用機向けデジタル売上高は前期比でほぼ2倍の1188億円(+95.4%)。大台の1,000億円を突破しました。主にNintendo Switch向けのパッケージソフトのダウンロード版やダウンロード専用ソフトといったゲーム本編の売上が好調だったとのこと。モバイル分野の売上高は17.0%増の460億円でした。

20年3月期は増収減益の見通し

2020年3月期は増収減益となる見通し。売上高は1兆2,500億円(+4.1%)、営業利益は2,600億円(+4.1%)、経常利益は2,600億円(▲6.3%)、純利益は1,800億円(▲7.2%)。20年3月期の想定為替レートは今より円高に振れると見ている企業が多いようですが、任天堂も同じく厳しめ。1ドル105円(19年3月期と変わらず)、1ユーロ120円(19年3月期は125円)。

売上目標はニンテンドースイッチが1,800万台、ソフトが1億2,500万本。3DSは100万台、ソフトは500万本となっています。

20年3月期(2018年4月〜2019年3月)にこれから発売される主な発表済みタイトルは、『スーパーマリオメーカー2』(6月)や『ファイアーエムブレム 風花雪月』(7月)、『ASTRAL CHAIN』(8月)など。冬には『ポケットモンスター ソード・シールド』や『どうぶつの森(仮称)』が控えているほか、年内に『ルイージマンション3』『ゼルダの伝説 夢をみる島』も発売予定です。

『どうぶつの森』は女性ファンも多く、任天堂がこれまでに発売してきたソフトのファンとは違った層を取り込めそう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazon Music Unlimitedは、月額980円で6,500万曲以上が聴き放題のAmazonの音楽配信サービスです。プライム会員なら月額780円、年間加入なら7,800円で1月あたり650円ともっとお得に。広告なし、オフライン再生、スマートスピーカーEchoシリーズ対応。

アーティストが自身の音楽について語る「Side by Side」も配信中。

Amazon Music Unlimited