NPDグループから、2018年10月の米国ゲーム小売市場規模に関するマンスリーレポートが到着。『Call of Duty: Black Ops 4』に加えて『Red Dead Redemption 2』も発売された2018年10月の米ゲーム市場は、前年から73%もの大幅増を達成。総販売金額は15億ドルを突破し、NPDが統計を開始した1995年以来、過去最高の10月となりました。以前の記録は2008年10月の13億6,000万ドルでした。

2018年10月 米国ゲーム市場規模

  • ハードウェア:3億ドル(+26%)
  • ソフトウェア:9億6,500万ドル(+104%)
  • 周辺機器・アクセサリ:2億8,000万ドル(+54%)
  • 全体:15億4,500万ドル(+73%)

ソフトウェア:『CoD』『RDR』が月間1位2位&年間1位2位

ソフトウェアは昨年の2倍以上となる9億6,500万ドルを販売(+104%)。Rockstar待望の新作『Red Dead Redemption 2』を抑え、Activisionの『Call of Duty: Black Ops 4』が月間1位を獲得しました。両タイトルは年間1位・2位にもランクイン。ビッグタイトルの発売があったことで、ソフトウェア市場はこれまで最高だった2008年の7億4300万ドルを上回り、過去最高の10月となりました。

2大タトルが牽引役をはたし、年初来の売上も53億ドルを達成した2011年以来の高い水準となっています。10月までの売上は48億ドルを超え、昨年と比較して16%増加しています。

Call of Duty Black Ops 4:史上8位のローンチ規模

例年よりも早く発売を迎えた『Call of Duty』シリーズ新作の『Call of Duty: Black Ops 4』。発売時期をずらした影響は無く、非常に好調なローンチとなりました。『CoD: BO4』は1995年の集計開始以来8番目に巨大な販売規模でローンチを迎えています。月間1位のみならず、初月で年間1位を奪取。年末商戦を含む過去12か月の販売を見ても、『Call of Duty: WWII』に次ぐ第2位につけました。

Red Dead Redemption 2:前作の3倍以上の勢い

10月後半の発売となった『Red Dead Redemption 2』ですが、わずか9日間で月間2位&年間2位となるには十分な期間でした。初月売上は2010年に発売された前作『Red Dead Redemption』の3倍以上を記録。Take-Twoはこの10月、過去最高の収益を達成しています。

スーパーマリオパーティ

集計期間の関係から9月の月間チャートで9位に入っていた『スーパー マリオパーティ』。1か月丸ごと集計期間となった10月は順位を上げて5位に入りました。Nintendo Switch で発売された『マリオパーティ』シリーズ最新作のこの初動2か月の売上は、初代や『8』に次ぐ第3位の勢いなのだとか。

2018年10月 USチャート 月間トップ20

  1. Call of Duty: Black Ops IIII**
  2. Red Dead Redemption II
  3. Assassin’s Creed: Odyssey
  4. NBA 2K19
  5. Super Mario Party (スーパー マリオパーティ)*
  6. Soul Calibur VI (ソウルキャリバー6)
  7. FIFA 19**
  8. Marvel’s Spider-Man
  9. Madden NFL 19**
  10. WWE 2K19
  11. Forza Horizon 4
  12. Lego DC Super Villains
  13. My Hero One’s Justice (僕のヒーローアカデミア One’s Justice)
  14. Shadow Of The Tomb Raider
  15. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  16. Grand Theft Auto V
  17. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)*
  18. Diablo III**
  19. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  20. NHL 19

*デジタル販売を含まない。
**PCデジタル販売を含まない。

2018年 年間売上 トップ10

  1. Call of Duty: Black Ops 4**
  2. Red Dead Redemption II
  3. Far Cry 5
  4. Marvel’s Spider-Man
  5. NBA 2K19
  6. God of War 2018
  7. Monster Hunter: World (モンスタハンター:ワールド)
  8. Madden NFL 19**
  9. Grand Theft Auto V
  10. Call of Duty: WWII**

PlayStation 4 トップ10

  1. Call of Duty: Black Ops 4
  2. Red Dead Redemption II
  3. Assassin’s Creed: Odyssey
  4. Marvel’s Spider-Man
  5. Soul Calibur VI (ソウルキャリバー6)
  6. NBA 2K19
  7. FIFA 19
  8. WWE 2K19
  9. Madden NFL 19
  10. My Hero One’s Justice (僕のヒーローアカデミア One’s Justice)

Xbox One トップ10

  1. Call of Duty: Black Ops 4
  2. Red Dead Redemption II
  3. Assassin’s Creed: Odyssey
  4. Forza Horizon 4
  5. NBA 2K19
  6. Madden NFL 19
  7. FIFA 19
  8. WWE 2K19
  9. Soul Calibur VI (ソウルキャリバー6)
  10. Shadow Of The Tomb Raider

Nintendo Switch トップ10*

  1. Super Mario Party (スーパー マリオパーティ)
  2. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)
  3. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)
  4. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)
  5. Diablo III
  6. Starlink: Battle For Atlas
  7. Dark Souls Remastered
  8. The World Ends with You: Final Remix (すばらしきこのせかい -Final Remix-)
  9. Lego DC Super Villains
  10. My Hero One’s Justice (僕のヒーローアカデミア One’s Justice)

*デジタル販売を含まない。

ハードウェア:PS4がリード

ハードウェア市場は前年10月と比べて26%増の3億ドルを販売。トップセラーハードはPlayStaton 4でした。Xbox OneやPlayStation 4、ミニファミコンやミニスーパーファミコンといったプラグ・アンド・プレイデバイスが牽引役となり、2018年これまでのハード市場は前年比19%増の27億ドルとなっています。

前年比ということになると、ソフトの発売スケジュールから分が悪いNintendo Switch。去年は10月に『スーパーマリオ オデッセイ』が発売されており、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』や『マリオカート8 デラックス』といった定番タイトルも、今年以上にまだ勢いがありました。

ハードを大きく牽引することが期待されるポケモンとスマブラで、年度目標へどこまで近づけるでしょうか。

周辺機器・アクセサリ:プリペイドカードやヘッドセットが人気

デジタル市場の拡大や基本プレイ無料タイトルの人気により、ゲームカード(プレイステーションストアカードやニンテンドープリペイドカードなど)を含む周辺機器・アクセサリ市場は大きく拡大。10月は54%増の2億8,000万ドルを販売しています。年間では35%増の29億6,000万ドル。過去最高を更新しています。

オンラインゲームで友人とボイスチャットを楽しむための機器、ヘッドホンやヘッドセットが好調で、この分野は前年比で2倍に拡大。コントローラーも63%増加しました。年間ではこれまでにヘッドホン・ヘッドセットが87%増、コントローラーは31%増加しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で