コナミは9月20日、サッカーゲーム『ウイニングイレブン』のモバイルアプリ最新版『ウイニングイレブン2019』に、Jリーグを収録すると発表しました。J1の18クラブだけでなく、J2の22クラブも収録されます。

ウイイレにJリーグが復活、スマホ版に搭載

現在iOS/Androidで配信中の『Winning Eleven 2018』が、12月上旬に最新版『Winning Eleven 2019』へとアップデート。Unreal Engine 4 を採用した美しいグラフィックや選手のアニメーションで、最新の『ウイニングイレブン』をスマートフォンで楽しむことができます。

家庭用『ウイイレ2019』と同じく、モバイル版も最新アップデートで多数のリーグライセンスが追加。その中に、Jリーグも含まれていることが、TGS2018にて発表されました。久しぶりに、ウイイレの原点であるJリーグが帰ってきます。

ウイイレとJリーグ

『ウイニングイレブン』シリーズは、『Jリーグ実況ウイニングイレブン』として1995年にプレイステーション用ソフトとして誕生。その後、世界版の『ワールドサッカーウイニングイレブン』とJリーグ版とがほぼ交互に発売されてきました。

2010年の『Jリーグウイニングイレブン2010 クラブチャンピオンシップ』をもってJリーグ版の単体発売を終了した後は、『2012』から『2014』までワールド版本編の追加コンテンツとして「Jリーグパック」が配信。

2014年度をもってコナミがJリーグとの長年のパートナーシップを終了した関係からか、『2015』以降は「Jリーグパック」の配信が無くなり、『2019』現在も、Jリーグの収録はACL出場チームのみにとどまっています。

パートナー終了から4年、コナミは2018年シーズンよりJリーグのトップパートナーへ復帰。このパートナーシップを通じて、2018年秋以降『Jリーグ』オフィシャルライセンスをモバイルゲームで活用する他、モバイルゲームを使ったJリーグ公認のeスポーツ選手権を開催する予定だとされていました。

その計画の1つが、TGS2018にて発表。スマホ向けではありますが、ウイイレにJリーグが帰ってきます。

コナミがJリーグから離れている間に、世界的サッカーゲーム『FIFA』を擁するエレクトロニック・アーツがJリーグとトップパートナー契約を締結。『FIFA』シリーズも『FIFA 17』よりJ1リーグが収録されています。

モバイル版 Winning Eleven 2019 概要

“注目選手”が期間限定で登場

週末の試合で活躍した選手が”注目選手”として登場します。”注目選手”は、試合で見せたパフォーマンスを基に、様々な選手能力が向上し、新たなスキルを所持していることも。さらに、「FCバルセロナ」や「リヴァプールFC」などのパートナークラブに所属する選手は、クラブ監修による特別な選手能力で登場。 スカッドを強化する大きなチャンスです。

試合のおもしろさも最新に

ゲームプレイが評価の高い家庭用Winning Eleven 2019の最新版に進化。選手のアニメーションが大幅に増加しAIも向上。リアルなボール挙動と共に、これまで以上に熱い対戦を楽しめます。選手には新たなスキルやプレースタイル、ゴールセレブレーションも追加されます。また、グラフィックは『UNREAL ENGINE 4』の採用で、より美しく、なめらかになります。

リーグライセンスを追加

新たに10以上のリーグのオフィシャルライセンスを搭載。待望のJリーグが新規搭載。さらに独占搭載となるロシアをはじめ、ベルギー、スコットランド、デンマーク、スイス、ポルトガル、トルコ、アルゼンチン、チリなどを追加。世界各地のクラブや選手がチームビルドの可能性を広げます。

新レジェンドも続々登場

ベッカム、マラドーナ、クライフ、ネドヴェド、フリット、マルディーニ、カーンといったサッカー史を彩るレジェンドが引き続き登場。今作からの新レジェンドも続々登場予定です。

ライブアップデートを新搭載

選手の在籍や、現実の試合での活躍がコンディションに反映される”ライブアップデート”を新搭載。毎週アップデートが配信されるので、コンディションの良い選手でスカッドを組んで、対戦相手の優位に立ちましょう。

その他の主な変更点

イベントと選手獲得

Winning Eleven 2019では、国籍や所属クラブをテーマにした様々なイベントが開催されます。各イベントには、参加条件を満たす選手しか出場できないため、選手1人あたりの価格を、これまでの250myClubコインから100myClubコインに変更します。さらに、250myClubコインで3人の選手を同時に獲得できるお得なエージェントも登場します。

トレードによる選手獲得

同一選手が3人そろうと、同レアリティの好きな選手とのトレードが可能に。高い能力を持ったスター選手や憧れの選手、応援しているクラブの選手など、ピンポイントで戦力を補強できます。

保有枠の拡大

選手枠およびスカウト枠の拡大システムを廃止し、それぞれ下記の人数まで保有できるようになります。

< 選手枠>

エージェントやスカウトで獲得した選手を、500名まで保有できます。

< スカウト枠>

オークションや試合で獲得したスカウトを、150名まで保有できます。

新アイテムが登場

選手に新たなスキルを習得させることができるアイテムが新たに登場します。他にもポジション適性をアップさせることができるアイテムや、監督のマネージメント能力を向上させるアイテムを追加します。

監督獲得が柔軟に

監督リストの更新頻度がアップ。好みのフォーメーション・戦術を所持した監督の獲得チャンスが増えます。

対応言語を追加

表示言語として、ロシア語、トルコ語が新たに選択できるようになります。

エナジー制の廃止

試合をおこなうために必要なエナジーポイントを廃止します。エナジーを気にせず、いつでも試合に参加できるようになります。

選手のレベル上限の変更

選手毎にレベルの上限が設定されます。レベルの上限は、その選手の「Lv.30時の総合値」と「年齢」によって決まり、能力が低く年齢が若い選手ほど、レベルの上限は高く設定されます。

報酬エージェントに期限を設定

いままで使用期限がなかった「Silver+」「Gold+」「Black Ball」エージェントに、期限が設定されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で