コナミは9日、サッカーゲーム『ウイニングイレブン』のシリーズ最新作『ウイニングイレブン2019』を発表しました。対応機種は PlayStation 4 / Xbox One / PC (日本では PlayStation 4 のみ) で、発売日は2018年8月30日。『2018』まで対応していた PlayStation 3 / Xbox 360 が遂に終了。また Nintendo Switch への対応は今年もありません。

カバー選手はバルセロナFC所属のフィリペ・コウチーニョ。デイヴィッド・ベッカムをフィーチャーしたレジェンド・エディションも発売されます。

ウイイレ2019、8月30日に PS4 で発売

選手やボールの動きがよりリアルに、ピッチ上で起こるフットボールを再現

『ウイニングイレブン2019』のコンセプトは「THE POWER OF FOOTBALL」。ピッチ上で起こる、あらゆるプレーがドラマチックになったといい、「ライジングシュート」や「ドロップシュート」「エッジターン」「ノールックパス」「コントロールループ」など、新たに11のスキルが追加。スキル数は全39種となり、これらが組み合わさることで選手の特徴ある動きが再現されます。トレンドのプレースタイル「インナーラップサイドバック」も採用。選手の個性がより際立ち、ボールをめぐる1対1の攻防も、チームの戦術を駆使した駆け引きも深みを増しているということです。カバー選手であるコウチーニョのミドルやドリブルもリアリティのある動きを見せてくれそう。

ドリブルやキックもよりリアルに。ディフェンスラインでのゆったりしたボールキープや相手に体を寄せられながらの必死のターン、サイドを突破する切れ味鋭いフェイントなど、ピッチ上で起こるあらゆるシチュエーションで、これまで以上にリアルでスムーズなドリブルによる駆け引きが生まれそう。新たなキックシステムが搭載され、必死に伸ばすGKの手を弾き飛ばす強烈な弾道から、うまくボールを捉えられずにゴールマウスをかすめて天を仰ぐ様まで、ゴール前の緊迫感と歓喜をさらにバリエーション豊かに描き出されます。

体のあらゆる部位を使いトラップを行う“フルボディタッチ”も進化しているといいます。ボールのバウンドや周囲の状況に応じた、自然でスムーズなトラップが可能になりました。

これら選手の動きがさらにリアルに自然になったのにともない、ボールの挙動もより自然な形に。選手の体勢や蹴り方によるキックの弾道の変化や、シュートブロックや GK が体に当てたボールのバウンドにも、さらにリアルな物理挙動がもたらされているといいます。

ビジュアル面も進化

ビジュアル面では、シリコンスタジオのミドルウェア『Enlighten』を採用したことで、太陽光やスタジアム照明の表現が刷新。時間帯によるスタジアム内の雰囲気が変化が表現されるようになりました。より自然な、空気感が伝わるほどのリアリティが再現されています。また天候に「雪」が追加。ピッチ状態の変化がプレーに影響を及ぼすようになっています。スタジアムの雰囲気作りに欠かせない観客のアニメーションや演出も追加。スタジアムの歓喜と興奮をサポーターと共に味わうことができます。

”ダイナミックレゾリューション”を導入し、PlayStation4や最新ハードならではの高画質を実現。4K HDR 表示にも対応します。

ゲームモードの進化

ゲームモードでは「マスターリーグ」が再設計。大きな変化は3点。プレシーズンに各国リーグのビッグクラブが集う大会「インターナショナルチャンピオンズカップ」が開催され、戦力を見極めることができるように。さらに移籍交渉の改良、そしてライセンスリーグが追加されました。また予算の管理や交渉の流れが整理され、「再売却オプション」や「無失点オプション」が追加。クラブマネジメント面でも戦略的な駆け引きが重要になってきます。

最近の『ウイイレ』における、もう1つの大きなモード「myClub」も刷新。週末の試合で活躍した選手が“注目選手”として登場するようになります。ここで登場する選手は、試合で見せたパフォーマンスを基にして様々な能力値が向上し、ときには新たなスキルを所持していることもあります。好きな選手や応援しているクラブ、注目している若手選手の活躍にも目が離せません。またレジェンド選手たちも強化。ベッカムやマラドーナ、クライフ、ネドヴェド、フリット、マルディーニ、カーンといったサッカー史を彩るレジェンドが登場する他、『ウイイレ2019』で初登場となる新レジェンドも続々登場予定とのこと。

登場が確定している11人は次の通りです。「ディエゴ マラドーナ」「デイヴィッド ベッカム」「ヨハン クライフ」「ロベルト カルロス」「ルート フリット」「カフー」「パオロ マルディーニ」「パヴェル ネドヴェド」「オリヴァー カーン」「ローター マテウス」「パトリック ヴィエラ」。

他には、均衡した実力のプレイヤー同士で組まれたグループで戦績を競う「ウィークリー PES リーグ」が新設。成績に応じてディビジョンの昇降格が行われ、ランキング上位になると様々な報酬が贈られます。

リーグライセンスの追加

UEFA CL / EL とのライセンス契約が終了したことは『ウイイレ』にとって痛手ですが、コナミによると『ウイニングイレブン2019』では欧州を中心に、複数のリーグライセンスが追加されているとのこと。このところリーグ全体とではなく個々のクラブと契約することが目立っていましたが、『ウイイレ2019』では包括的なリーグライセンスを見ることができそうです。コナミは今年からJリーグのパートナーに復帰していますが、Jリーグも期待できるでしょうか。

ウイニングイレブン2019 (【特典】myClub用DLC 同梱)
ウイニングイレブン2019
メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
発売日: 2018-08-30

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で