UEFA (欧州サッカー連盟) が18日に発表した、10年におよびコナミとの UEFA チャンピオンズリーグのパートナーシップ終了。5月の UEFA CL 17/18 決勝戦をもってその契約が終了となり、『ウイニングイレブン』が独占してきた期間が切れることになりますが、この発表を受けてコナミが「UEFA Champions Leagueとのパートナーシップに関する報道について」とする声明を発表しています。

コナミは UEFA との契約が終わることを認めた上で「弊社サッカー関連タイトルに現在収録されている選手およびクラブチームへの、今回のパートナーシップ終了による影響はございません」と回答。現行の最新版(『ウイイレ2018』など)で収録されている UEFA チャンピオンズリーグおよびヨーロッパリーグに関しては引き続き遊べるとしています。

今後の商品やサービスサイトなどで追って案内していくとのこと。6月の E3 期間には『ウイニングイレブン』最新作の『ウイニングイレブン2019』が発表されると思われますが、どういった内容で勝負してくるでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で