2017年3月3日に任天堂が発売した、新型家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」。小型化した Wii リモコンのような無線コントローラー「Joy-Con (ジョイコン)」が標準で2個付属しています。海外メディアでは、発売前のプレビュー時点からこの Joy-Con について、本体から取り外して遊んでいるときに、反応がおかしくなったり、あるいは反応しないなどの動作不具合、また接続が途中で切れてしまうといった症状が指摘されていました。

この件については任天堂も把握しているようで、不具合が発生しやすい環境や症状を改善する方法を案内しています。

【Nintendo Switch】Joy-Con の動作不具合や接続不良が起こりやすい環境、改善のアドバイス

システムが最新の状態かを確認する

ニンテンドースイッチ本体が最新バージョンかどうかを確認しましょう。古いバージョンの場合、不具合が修正されていない場合があります。

本体と Joy-Con を適度に近づける

ニンテンドースイッチ本体と Joy-Con が離れすぎている場合、電波が弱くなり動作不具合が起こることがあります。適度に本体に近づいてプレイして、症状が改善するかを確認しましょう。

Joy-Con のバッテリー残量を確認する

Joy-Con のバッテリー残量が少なくなっている場合、通信が弱くなり問題が発生することがあります。遊び続けて充電が減ってきたら Joy-Con を充電しましょう。Joy-Con の充電は、充電中の本体に取り付けるか、別売りの Joy-Con 充電グリップに取り付けて行います。

スイッチ本体と再接続する

Joy-Con のシンクロボタンを1回短く押すことで、スイッチ本体との通信をいったん切断することができます。通信が切れたことを確認したら、方向ボタンやABXYボタンを押すと再接続されるので、症状が改善するかを確認しましょう。

Joy-Con充電グリップ
Joy-Con充電グリップ
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-03-03

非ライセンス商品が干渉

本体や Joy-Con に、任天堂公式ライセンス商品でない商品を装着している場合、通信に影響する場合があるため、いったん外して動作確認を行う。

電波干渉する機器から遠ざける

本体とJoy-Conとは Bluetooth で無線接続しているため、電波を発信している機器などが本体に近づきすぎていると、電波干渉で Joy-Con との通信が不安定になる場合がある。

機器の電源をOFFにしたり、本体から離したりして改善するか確認する。

電波干渉を引き起こす機器の例
  • ラップトップ、タブレット等
  • 電子レンジ
  • コードレス電話
  • 無線アクセスポイント
  • 無線接続機器(ワイヤレスヘッドセット、ワイヤレスプリンタ、ワイヤレススピーカー等)
  • USB 3.0で動作している機器(ハードディスク、サムドライブ、LANアダプタ等)
    ※一部機器は、USB 3.0で 動作させると電波干渉を引き起こすノイズを発生させる場合がある

任天堂は、「Joy-Con」で発生している問題の多くは、ワイヤレス機器から3〜4フィート(約0.9〜1.2メートル)離すことで問題は解決するしています。それでも問題が改善しない場合は、ワイヤレス機器の電源をオフにすることを推奨しています。

テレビと接続するタイプのガジェット関連は、無線ルーターも含めて一か所にまとめて設置することも少なくないでしょう。環境の改善が必要となるケースもあるかもしれません。

Joy-Conへの干渉を最小限に抑えるための Switch 本体設置場所

Nintendo Switch 本体とコントローラーの通信を妨げないよう、本体はオープンな場所に設置することが推奨。テレビの裏側や水槽のそば、金属ラック、大量のコンセントや電源コードといった場所からは離して設置し改善するか確認する。

任天堂は原因を調査中

個人的に、まだこうした不具合には遭遇していませんが、任天堂は「Joy-Con」の動作不良が発生しているとの一連の報告を受け、原因を調査していると報告。これまでの任天堂ハード・ソフトと同様に Nintendo Switch でもハード・ソフトのパフォーマンスのモニターを続け、必要に応じて改善すると案内しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で