【Nintendo Switch】ついに「Bluetoothオーディオ」に対応しワイヤレスイヤホンで聴けるように、設定方法や注意点

任天堂は2021年9月15日、Nintendo Switch のシステムバージョン「13.0.0」をリリースしました。このアップデートを適用することで、発売当初から待ち望まれてきた Bluetooth オーディオに対応。

特別な機器を介さずとも、Bluetooth で通信するワイヤレスイヤホン、ヘッドホン、スピーカーなどをスイッチ本体と接続して使用できるようになります。

Nintendo Switch がついに Bluetooth オーディオに対応

2017年の Nintendo Switch 発売開始当初から望まれていた Bluetooth オーディオへの対応が、2021年9月、本体システムバージョン13.0.0でついに実現。

ワイヤレスイヤホンやヘッドホン、スピーカーなどの Bluetooth オーディオが使用可能となりました。

Bluetoothオーディオ 設定方法

13.0.0 へ更新すると、本体設定の中に「Bluetoothオーディオ」の項目が追加されます。そのまま進み「登録する」を選択すると、周辺の接続可能な機器の名称が表示。選択すると自動でペアリング(登録)され、使用可能になります。

現状、対応するオーディオプロファイルやコーデックは次の通りです。

対応する Bluetooth オーディオプロファイル・コーデック

  • プロファイル:A2DP
  • コーデック:SBC

※Bluetoothオーディオのマイク入力には対応していません。
※Bluetoothオーディオの操作ボタンはNintendo Switchでは正常に動作しない場合があります。

注意点

Bluetoothオーディオ使用中は接続できる無線コントローラー(Joy-Conなど)が2個までとなるほか、ローカル通信との併用はできません。また使用する機器によっては遅延が目立つ場合もあるということです。

なおBluetoothオーディオのマイク入力には対応していません。

13.0.0 の主な更新内容

Bluetoothオーディオ対応を含む、バージョン13.0.0 の更新内容は次の通りです。

Nintendo Switch 13.0.0 主な更新内容

  • 「Bluetoothオーディオ」への対応
  • Nintendo Switchドックのソフトウェアを更新可能に(対応するドックはLAN端子付きのドック[HEG-007])
  • 「設定」>「スリープ」に「スリープ中の有線インターネット接続の維持」を追加
  • 「設定」>「コントローラーとセンサー」の「スティックの補正」において、補正の開始方法を変更
  • 「設定」>「インターネット」において、無線でインターネットに接続しているときに使用している電波周波数帯(2.4GHz/5GHz)を確認可能に

share