【Nintendo Switch】バージョン15.0.0配信開始、久しぶりメジャーアップデートの主な更新内容


ニンテンドースイッチ 有機ELモデル Nintendo Switch OLED Model

 

任天堂は2022年10月11日、Nintendo Switch 本体システムの最新バージョン「15.0.0」をリリースしました。2022年3月に配信された 14.0.0 以来のメジャーアップデートとなりますが、ユーザーのゲーム体験を拡張するような目立った新機能の追加等はなく、表向きには軽微な更新にとどまっています。

Nintendo Switch バージョン 15.0.0 主な更新内容

  • 「設定」の「Bluetooth®オーディオ」の位置を変更しました。
  • HOMEメニューの「Nintendo Switch Online」内で、キャプチャーボタンによる画面写真の撮影が可能になりました。 ※動画の撮影には対応していません。
  • いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

注意点

本体の更新は本体が正常な状態で行ってください。改造した本体や、任天堂がサポートしていない周辺機器・ソフトウェアを使用したりすると、本体更新後に本体が動作しなくなるおそれがあります。また通常の使用方法以外の方法で作成されたセーブデータや、任天堂がサポートしていないデータなどが本体内にある場合、本体の故障の原因となるだけでなく、以降安心して使用できなくなるおそれがあるため、そのようなデータ等は更新時に自動的に除去される場合があります。

なお上記のような異常な状態で本体を更新した場合、動作は保証されません。また不具合が生じた際、修理や保証の対象外となります。

本体システムの更新方法

Nintendo Switch には自動で更新データをダウンロードする機能があり、本体をインターネットに接続した状態でいると、自動で更新データがダウンロードされます。ダウンロードが完了していると、ソフトを起動する前に本体更新の案内が表示されます。画面の案内に従って更新してください。

あるいは任意のタイミングで、手動で更新することも可能です。インターネットに接続した本体 HOME メニューの「設定」>「本体」>「本体の更新」から更新データの有無を確認し、更新することができます。

関連キーワード

share