任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」には、あらかじめ「32GB」の本体保存メモリーが搭載されています。パッケージソフトのダウンロード版の購入やニンテンドーeショップで配信される個性的なソフトを思い切り遊びたいという方にとって、「32GB」という容量は物足りない数字です(システム領域を除いた実質保存可能な容量は25GBほど)。

ソフトのセーブデータがほとんどだよというパッケージ版購入派の人にとっても、当初は気にならないかもしれませんが、先々を考えると心許ない容量といえます。

スイッチでは、本体保存メモリーだけではストレージが足りないといった場合、保存領域を拡張するために microSD カードスロットが1つ備わっています。別途 microSD カードを購入し、このスロットに差し込むことで必要な容量を増やすことが可能です。対応している容量は、理論上は SDXC 規格の最大値である2TBまで。

ただ、まだそこまでの大容量モデルは存在していませんし、仮に出てきたとしても価格が落ちてくるまでには時間がかかり現実的ではありません。

このページでは、ニンテンドースイッチに対応する microSD カードの中から、おすすめのメモリーカードを紹介しています。容量や速度はどのくらいあればいいのか詳しく見ていきます。

USB 接続で Nintendo Switch の容量を増やせる?

任天堂は Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) を、据置型ゲーム機として発売しています。ですがスイッチは、テレビの前から離れても据置型ゲーム機と同じ体験ができるよう設計されています。ドックから取り出せば携帯型ゲーム機のように自由な体勢で遊べるのはもちろん、外出先に持っていって遊ぶこともできます。

そのため、従来の据置型ゲーム機のように、空き容量が足りなくなったら USB 外付けハードディスクを接続するといったことが、スイッチでは出来ません。

HDD 接続も研究はされている。が、サポートされるかどうかは不透明

任天堂は Nintendo Switch の外付け HDD サポートに関して、将来的にサポートする可能性を研究していると回答。どこかの時点で対応する可能性は残されています。

可能性は残されたとはいえ、外付け HDD を有線接続すると、Nintendo Switch のプレイスタイルは TV モードに固定されてしまい、どこへでも持ち運びができるというハードのコンセプトから外れてしまいます。仮に技術的には可能だとしても、そうなることを任天堂がよしとするかどうか。

将来的に外付けハードディスク接続に対応する可能性はゼロではないものの、ダウンロードソフトをよくプレイする、大容量ストレージを求めるユーザーにとっては、当面の間は(あるいはこの世代を通して)microSDXC が唯一の選択肢となります。

任天堂の前世代機 Wii U も、本体に搭載されていた保存メモリーはスイッチと同じく32GBでした。そこからシステム領域を除いた、実際にデータを保存できる容量は、これもスイッチと同じく25GB。任天堂のソフトは比較的サイズの小さなソフトが多かったものの、ソフト本編に加えて追加コンテンツも保存するにつれ、徐々に保存メモリーがカツカツになりました。

高性能化しているスイッチでは、より大容量のソフト、保存に必要なデータも大きなソフトが増えてくるでしょうし、ソフトによっては、パッケージ版購入であっても追加データのダウンロードが必要になるケースもあります。遊ぶソフトにもよりますが、パッケージ版ソフトをより多く購入する人であっても、十分な空き容量を確保しておきたいところです。

パッケージ派も microSD カードで空き容量を増やしたほうがいい理由

ニンテンドースイッチ本体の保存容量は「32GB」で、システム領域を除いた実質的な空き容量は、初期状態で約「25GB」になります。

任天堂の定番人気ソフトである『マリオカート8 デラックス』と『スプラトゥーン2』をダウンロード購入すると、それだけで10GB以上使ってしまいますし、アップデートが行われて更新データが配信されれば、そこからまた空き容量を消費します。

任天堂のソフトは他社製のものと比べると比較的容量が小さなソフトが多いですが、それでも空き容量が「25GB」だと数本のダウンロードで一杯になってしまいます。

スクショ、動画保存で容量を使う

スイッチには、スクリーンショットやプレイ動画を撮影する機能が備わっています。キャプチャーボタンを押すだけなので遊んでいると結構撮る機会が多く、そうなるとパッケージ版ソフトを購入している場合であっても、容量を消費することになります。

microSD カードに保存できるデータ

microSD カードがあると、それまで本体に保存していたデータを microSD カード側に移動して保存することができます。microSD カードで保存できるデータは次の2点です。

  • ダウンロードソフト(パッケージ版ソフトのダウンロード版を含む)
  • 画面写真(スクリーンショット)/動画

microSD カードを差し込んでいる状態であれば、その中に優先的に保存されます。設定で変更することも可能。

保存できないデータ

一方で、保存できないデータも存在します。特に重要なものでは「セーブデータ」が、移動できないデータとして挙げられます。改善されることを期待したいですが、今のところセーブデータはすべて本体保存メモリーに保存され、microSD カード内にセーブデータを保存したり、バックアップを取ることはできません。

対応している microSD カードの種類 容量・速度

Nintendo Switch では、次の種類のmicroSDカードを使うことができます。通常のSDカードではなく、小型の “microSD” なので間違えないよう注意してください。

名前の違いは、扱える容量の違いとなっています。当初は最大2GBだったSD/microSDカードですが規格の拡張により、徐々に扱える容量が増え、現行最大サイズを扱えるSDXC/microSDXCでは64GB以上のデータを保存できるようになりました。

  • microSDカード:最大2GB
  • microSDHCカード:4GB 〜 32GB
  • microSDXCカード:64GB 以上

大容量規格のカードを使用するには使用機器側の対応が必要となり、ニンテンドースイッチでも microSDXC メモリーカードを使用するためには、インターネットに接続して本体更新を行う必要があります。

速度はどのくらいあると快適?

ゲームをより快適に遊ぶために、読み込み速度(転送速度)の高速なmicroSDカードを使用することが推奨されています。任天堂が推奨している、高速なmicroSDカードの目安は次の通りです。

  • UHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応
  • 読み込み速度 60~95MB/秒(読み込み速度が速いほど、Nintendo Switchをより快適にプレイできる)

microSD カードを購入する際には、UHS-I 対応と読み込み速度が60~95MB/秒 以上であるかを確認するようにしましょう。

どのくらいの容量があればいい?

ダウンロードソフトをほとんど買わず、パッケージ版が中心であるなら32GB〜64GB。できれば128GB以上あると当面は安心できます。

128GBは3,000円を切るほどまで値下がりしていますし、価格的なバランスも良いのでオススメ。

欲しいソフトを並べてどのくらいの容量を使いそうかを見て、その上の容量のクラスを購入すると余裕を持って使えます。256GBも価格がだいぶ落ち着いてきたので、思い切って256GBを購入してみるのも悪くないですね。

主なソフトのダウンロード容量

ニンテンドーeショップでソフトを購入・ダウンロードするには、本体やmicroSDカードに十分な空き容量が必要です。実際、スイッチのダウンロード版ソフトの容量はどのくらいになっているのかをざっくり調べてみました。任天堂の定番・人気ソフトなど、主なソフトの必要サイズは以下の通りです。

『スチームワールド ディグ2』のように軽いソフトもあるにはありますが、ダウンロードソフトであっても数GB必要になることが珍しくありません。

必要な容量はアップデートなどにより変更がある場合があります。

  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – 14.3GB
  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド エキスパンションパス – 1.2GB
  • ファイアーエムブレム無双 – 13.7GB
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL – 13.6GB (16GB 以上)
  • ゼノブレイド2 – 13.1GB
  • RiME – 7.5GB
  • マリオカート8 デラックス – 6.8GB
  • Paladins – 6.8GB
  • ドラゴンボール ゼノバース2 – 6.6GB
  • スーパーマリオ オデッセイ 5.5GB
  • スプラトゥーン2 – 5.3GB
  • Hollow Knight (ホロウナイト) – 5.2GB
  • ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ – 各4.1GB
  • オーバークック2 – 3.1GB
  • フォートナイト バトルロイヤル – 2.8GB
  • Arena of Valor – 2.4GB
  • ヒューマン フォール フラット – 1.5GB
  • Minecraft: Nintendo Switch Edition – 964MB
  • スチームワールド ディグ2 – 251MB
  • UNDERTALE – 221MB

買ってすぐストレージ拡張が必要になる場合は、ダウンロードをメインにしていない限りはそう多くないのではと思いますが、空き容量に余裕があるのと無いのとでは、ニンテンドーeショップの利用頻度にも差がでてきます。

ニンテンドーeショップでは、個性的なインディータイトルを含め、たくさんの面白いソフトが配信されています。基本プレイ無料ソフトや無料体験版の配信も増えています。本体保存メモリーだけでは数本ダウンロードするだけでいっぱいになってしまいますので、容量に余裕を持って遊びたいところ。

とはいえ予算との兼ね合いもあります。大容量のものも徐々に値下がりしてきているので、必要十分なサイズを使いつつ、大容量カードの値下がりを待つというのも1つの選択肢となります。

64GBなら最初の32GBと合わせて初期状態から容量3倍の96GB、128GBなら5倍の160GB。Wii U やニンテンドー3DSでパッケージ版を中心に購入していた方なら、当面の間は空き容量の心配をすることなく、安心して Switch を遊ぶことができそうです。

スイッチにおすすめの microSD カード メーカー

Samsungサムスン

Amazon でのセールなども多いサムスンの microSD カード。ニンテンドースイッチでの動作確認済みで、UHS-I U3 対応、最大読出速度100MB/s 最大書込速度90MB/sと高速な読み書きができます。

4K UHD 動画もスムーズに録画・再生ができる速さです。

データ保護機能として防水(海水対応)、耐温度、耐磁に加えて、耐X線までついています。空港のX線検査機を通る際の不安も解消されます。

32GB や 64GB は少し読み書きの速度が落ちるので、128GBまたは256GBがおすすめです。

SanDisk

デジタルストレージ分野で実績のある SanDisk (サンディスク)。任天堂はサンディスクの親会社であるウエスタンデジタルと提携していて、SanDisk ブランドの任天堂公式ライセンスメモリーカードが海外では販売されています。いわば任天堂のお墨付きメーカー。

信頼性のある高品質なブランドでありながら、安価で購入できる点もサンディスクの魅力。128GBなら3,000円台、200GBも5000円前後で購入できます(2018年9月時点)。

200GBはコスパを考えても優秀で、64GB・128GBでは足りなそうだけど、256GBだとちょっと多いかもしれないし、価格面でも高価かなと考える人にオススメできます。

読み取り最大速度:100MB/s

HORI (任天堂公式ライセンス)

周辺機器メーカーとしておなじみ「HORI (ホリ)」からも、Nintendo Switch対応のmicroSD カードが発売されています。

ホリの製品は「任天堂公式ライセンス」を取得しているため安心して使うことができます。

任天堂が推奨する転送速度ももちろんクリア。読み込み速度は80MB/sとなっています。

他社製品よりはやや高めですが、どれを買えば良いのか分からない、不安だといったときに、任天堂ライセンスがある間違いない製品として購入することができます。

容量:16〜256GB
転送モード:SDR104対応 UHSクラスI スピードクラス10 読込80MB/s 書込15MB/s

まとめ:個人的におすすめで実際に使っているカードはこれ

というわけで、ニンテンドーeショップ販売ソフトを思い切り遊ぶためにNintendo Switchの保存容量を増やすおすすめのmicroSDカード を紹介してきました。

我が家では128GBと200GBとで検討した結果、ダウンロード購入が中心であることも考えて200GBを選択。これから先、より大きな容量が手頃な価格に落ちてくるかもしれませんが、今のところ十分な本体保存容量を確保することができ満足しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で