Nintendo Switch では、ストレージ(保存領域)を増やすのにmicroSDカードを使用することができます。ただせっかくmicroSDカードを買い足したのに、Switch本体に差し込んでも認識されなかったり、読み込みに失敗する、保存先として表示されない、選べないなんて不具合に見舞われてしまうことも。

このページではそうした不具合や「2005-0003」エラー、「2802-1002 SDカードにアクセスできませんでした」などのエラーコードが表示され使えないなんてときの対処方法を紹介しています。

Nintendo Switch、microSDカードが認識されない、「アクセスできませんでした」エラーのときの対処方法

microSDカードは、Nintendo Switch本体裏側のスタンド部分を開いて差し込みます。差し込む時の向きは、microSDカードのロゴが手前に来るようにして、カチッと音がするまで差し込みます。

カードを差しなおしてみる

カードが認識されないときはまず、microSDカードを差し直してみてください。カードを抜くときは、本体の電源を完全にOFFにします(スリープではなく、電源ボタンの3秒長押し)。カードを一度押し込むと取り出すことができます。

microSDカードの端子部が汚れていないか確認する

microSDカードの端子部が汚れていて、エラーが発生している可能性があります。汚れているときは、メガネふきのような乾いた柔らかい布で汚れをふき取ってみてください。その際には端子部を傷付けないよう、優しく拭くようにしてください。

microSDカードが壊れている?

Nintendo Switch以外の対応機器、PCやデジカメ、スマホなどでmicroSDカードが認識されるかを確認してみてください。

本体側の問題かmicroSD側の問題か確認してみる

Nintendo Switch側に問題が発生しているのか、使用中のmicroSDカードに問題が発生しているのかを確認するため、データが保存されていない、別のmicroSDカードに交換して改善するかどうかをお試しください。別のmicroSDカードに交換して症状が改善した場合、前のmicroSDカードが故障していたり、保存データに異常が発生していた可能性があります。

本体を最新バージョンにする

本体のシステムアップデートの影響で、microSDカードに不具合が発生することも。自分以外にも不具合の報告が相次ぎ、アップデートファイルに不具合がありそうだと確認できた、発表されるなどした場合は、任天堂から修正ファイルが配信されるのを待ちましょう。修正アップデートの適用で改善することがあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で