カプコンが5月7日に発表した2019年3月期通期決算(18年4月〜19年3月)は、家庭用ゲームを含む主力のデジタルコンテンツ事業が売上高・営業利益ともに二桁増を達成したことなどから、すべての利益項目で2期連続の過去最高益を達成。売上高は5.8%増の1,000億3,100万円、営業利益は13.1%増の181億4,400万円、経常利益は19.3%増の181億9,400万円、純利益は14.8%増の125億5,100万円となりました。

デジタルコンテンツ事業の売上高は前期比11.9%増の829億8,200万円、営業利益は22.0%増の233億1,500万円でした。『バイオハザードRE:2』(PlayStation4、Xbox One、PC)が予想を上回る400万本超の売上を見せたことで業績向上の牽引役となったほか、海外市場を主ターゲットとした『デビル メイ クライ 5』(PlayStation4、Xbox One、PC)も200万本を突破するなど健闘。大型タイトルが期待通り、あるいはそれ以上の売れ行きを見せています。

また累計1,200万本を突破しカプコン史上最大セールスを続ける『モンスターハンター:ワールド』も家庭用に加えSteam版も堅調に推移し、利益押し上げ要因となりました。海外市場向けに投入されたNintendo Switch版『モンスターハンターダブルクロス』も順調に伸長し、『モンスターハンター』シリーズが収益向上に大きく貢献しました。

さらに『ロックマン11 運命の歯車!!』(PS4、Nintendo Switch、Xbox One、PC)や『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション』(PS4、Nintendo Switch、Xbox One、PC)といったタイトルが堅調な売れ行きを示し、『バイオハザード7 レジデント イービル』(PS4、Xbox One、PC)を始めとする、利益率が高いリピートタイトルも根強い人気で続伸しています。

リピーターだけでなく中高年や女性、親子連れに加えて、訪日外国人など幅広い客層の取り込みに努めているアミューズメント施設事業の売上高は8.0%増の110億5,000万円、営業利益は24.6%増の10億9,600万円でした。一方、パチスロ機部門が伸び悩み、業務用機器も苦戦したアミューズメント機器事業の売上高は56.1%減の34億2,200万円、営業損失は26億6,800万円(前期は営業損失7億6,400万円)となりました。

ロイヤリティ収入やキャラクターグッズ販売を含むその他事業の売上高は10.2%増の25億7,500万円、営業利益は28.0%減の8億1,100万円でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で