EA、今夏よりPS4でもサブスクリプション「EA Access」を展開

米エレクトロニック・アーツは5月7日、サブスクリプションサービス「EA Access」をPlayStation 4へ対応開始すると発表しました。導入時期は2019年7月で、プレイヤーはPlayStation Storeから毎月(4.99ドル)・年間(29.99)パスを購入してEAの対応ゲームを定額で楽しむことができます。

「EA Access」は、EAが展開するゲームのサブスクリプションサービス。『Battlefield』『FIFA』『Madden NFL』『NHL』『NBA Live』『Star Wars Battlefront』などEAの豊富なゲームライブラリを楽しめるほか、Play First Trials と呼ばれる最新タイトルへの先行プレイトライアルに参加することが可能。またゲームの本編や追加コンテンツなどのデジタルコンテンツ購入時に10%の割引を受けることができます。

日本でのサービス料金は月518円、年3,002円。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。