コーエーテクモホールディングスが4月26日に発表した2018年3月期の通期決算は、営業利益が前期比で33%増の117億円となるなど、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益ともに経営統合以来、過去最高の業績を記録しました。

売上高は389億円(+5%)、経常利益は183億円(20%)、純利益は130億円(+12%)でした。うち、主力のエンタテインメント事業の売上高は353億8900万円、セグメント利益は109億3800万円でした。

初代の発売から35年目を迎えた『信長の野望』は、最新作『信長の野望・大志』の発売で累計出荷本数が1,000万本を突破。また任天堂の『ファイアーエムブレム』と『無双』シリーズとのコラボレーションタイトル『ファイアーエムブレム無双』は、全世界の出荷本数が100万本を突破しています。スマホ向けでは『真・三國無双 斬』が1,000万DLを突破するなどの成果があがっています。

主な発売タイトル、販売実績は次の通りです。

  • ファイアーエムブレム無双 – 100万本
  • 真・三國無双8 – 73万本
  • 進撃の巨人2- 52万本
  • リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~ – 18万本
  • 信長の野望・大志 – 13万本
  • DISSIDIA FINAL FANTASY NT (開発担当)
  • 仁王 Complete Edition
  • ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX
  • 妖怪三国志 国盗りウォーズ
  • DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA (開発担当)
  • DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation
  • 金色のコルダ 2 ff
  • ネオロマンス・フェスタ 遥か八葉祭

その他のハイライトは次の通りです。

  • 『仁王』は累計190万本超のヒット
  • 『真・三國無双8』は、アジア圏の売上規模が日本市場と同等に
  • グローバルでの飛躍に向け、3ヶ年でプロジェクトを準備

ゲームソフトの販売本数は合計724万本(DL、ロイヤリティ本数を含む)。日本は225万本(▲26.5%)、北米は212万本(+60.6%)、欧州は167万本(+60.6%)、アジアは120万(+89.8%)本でした。2019年3月期は730万本を目指します。

海外販売比率が増加していることから、コーエーテクモでは今後、海外の有力 IP とのコラボレーションも計画。家庭用ゲームでは世界500万本クラス、スマホゲームでは月売上10億円を超えるタイトルの創出を目指します。

2019年3月期の業績は売上高410億円(+5.3%)、営業利益120億円(+2.5%)、経常利益175億円(▲4.3%)、純利益125億円(▲4.0%)を見込みます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で