Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) には、あらかじめ「32GB」の本体保存メモリーが搭載されています。データのセーブが主になるパッケージ派の人はあまり気にならないかもしれませんが、パッケージソフトのダウンロード版の購入やニンテンドーeショップで配信される個性的なソフトを思い切り遊びたいという方にとっては物足りない数字です。

スイッチでは、本体保存メモリーだけではストレージが足りないといったときの保存領域拡張用に、microSD カードスロットが1つ備わっています。別途 microSD カードを購入することで、必要な分を増やすことが可能です。理論上は、SDXC 規格の最大値である2TBまで拡張が可能。ただ、まだそこまでの容量は存在していませんし、仮に出てきたとしても価格が落ちてくるまでには時間がかかり現実的ではありません。

このページでは、ニンテンドースイッチに対応する microSD カードの中からおすすめのメモリーカードを紹介しています。

スイッチは外付けハードディスク非対応

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) は据置型ゲーム機として発売されますが、テレビの前から離れても据置型ゲーム機と同じ体験ができるよう、携帯型ゲーム機のように持ち運びができるように設計されています。そのため、これまでの据置型ゲーム機のように外付けハードディスクを接続して保存領域を拡張することはできません。

任天堂は Nintendo Switch の外付け HDD サポートに関して、将来的にサポートする可能性を研究していると回答。可能性は残されたとはいえ、外付け HDD を有線接続すると、Nintendo Switch のプレイスタイルは TV モードに固定されてしまい、どこへでも持ち運びができるというハードのコンセプトから外れてしまいます。仮に技術的には可能だとしても、そうなることを任天堂がよしとするかどうか。

大容量ストレージは HDD ではなく microSDXC

将来的に外付けハードディスク接続に対応する可能性は残されたものの、ダウンロードソフトをよくプレイする、大容量ストレージを求めるユーザーにとっては、当面の間は(あるいはこの世代を通して)microSDXC が唯一の選択肢となります。

任天堂の前世代機 Wii U も、本体に搭載されていた保存メモリーはスイッチと同じく32GBでした。そこからシステム領域を除いた、実際にデータを保存できる容量は、これもスイッチと同じく25GB。任天堂のソフトは比較的サイズの小さなソフトが多かったものの、ソフト本編に加えて追加コンテンツも保存するにつれ、徐々に保存メモリーがカツカツに。

高性能化しているスイッチでは、より大容量のソフト、保存データの大きなソフトが増えてくることが予想されますし、ソフトによってはパッケージ版購入であっても追加データのダウンロードが必要になるケースもあります。遊ぶソフトにもよりますが、十分な空き容量を確保しておきたいところです。

対応している microSD カード

Nintendo Switch では、次の種類のmicroSDカードを使うことができます。通常のSDカードではなく、小型の “microSD” なので間違えないよう注意してください。

名前の違いは、扱える容量の違いとなっています。当初は最大2GBだったSD/microSDカードですが規格の拡張により、徐々に扱える容量が増え、現行最大サイズを扱えるSDXC/microSDXCでは64GB以上のデータを保存できるようになりました。

  • microSDカード:最大2GB
  • microSDHCカード:4GB 〜 32GB
  • microSDXCカード:64GB 以上

大容量規格のカードを使用するには使用機器側の対応が必要となり、ニンテンドースイッチでも microSDXC メモリーカードを使用するためには、インターネットに接続して本体更新を行う必要があります。

また、ゲームをより快適に遊ぶために、読み込み速度(転送速度)の高速なmicroSDカードを使用することが推奨されています。高速なmicroSDカードの目安は次の通りです。

  • UHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応
  • 読み込み速度 60~95MB/秒(読み込み速度が速いほど、Nintendo Switchをより快適にプレイできる)

主なソフトのダウンロード容量

ソフトをダウンロード購入するときに必要となる空き容量。主なソフトの必要サイズは以下の通りです。『スチームワールド ディグ2』のように軽いソフトもあるにはありますが、ダウンロードソフトであっても数GB必要になることが珍しくありません。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – 14.3GB
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド エキスパンションパス – 1.2GB
マリオカート8 デラックス – 6.8GB
スプラトゥーン2 – 4.1GB
スーパーマリオ オデッセイ 5.3GB
ゼノブレイド2 – 13.1GB
Minecraft: Nintendo Switch Edition – 964MB
ドラゴンボール ゼノバース2 – 6.6GB
ファイアーエムブレム無双 – 13.7GB
FIFA 18 – 13.5GB
RiME – 7.5GB
スチームワールド ディグ2 – 251MB

スイッチにおすすめの microSD カード

買ってすぐストレージ拡張が必要になる場合は、ダウンロードをメインにしていない限りはそう多くないのではと思いますが、空き容量に余裕があるのと無いのとでは、ニンテンドーeショップの利用頻度にも差がでてきます。

個性的なインディータイトルも増えているので、できるだけ大容量を追加しておきたいところですが、値段との兼ね合いもあります。

どの容量を選ぶのかですが、64GBは3000円前後、128GBは6000円前後で購入可能。200GBになると1万円前後、256GBはさらに高く2万円前後となってくるので、最初に選ぶカードとしては64〜128GBが現実的なラインになってくるかと思います。

64GBなら最初の32GBと合わせて初期状態から容量3倍の96GB、128GBなら5倍の160GB。Wii U やニンテンドー3DSでパッケージ版を中心に購入していた方なら、空き容量の心配をすることなく安心して Switch を遊ぶことができそうです。

SanDisk

デジタルストレージ分野で実績のある SanDisk (サンディスク)。親会社のウエスタンデジタルが任天堂と提携し、海外では SanDisk ブランドの任天堂公式ライセンスメモリーカードが販売されています。

信頼性のある高品質なブランドでありながら、安価で購入できる点が魅力。128GBなら5000円前後、200GBでも9000円前後で購入でき、64GBでは足りなそうだけど256GBだとちょっと多いかも?と考える人にオススメできます。

読み取り最大速度:100MB/s

microSDXC 128GB SanDisk アプリ最適化 A1対応 サンディスク UHS-1 超高速U1 専用 SDアダプター付 [並行輸入品]
microSDXC 128GB SanDisk アプリ最適化 A1対応 サンディスク UHS-1 超高速U1 専用 SDアダプター付 [並行輸入品]
メーカー: サンディスク
発売日:
サンディスク ( SANDISK ) 200GB microSDXC アダプター付き [海外パッケージ] SDSQUAR-200G-GN6MA
サンディスク ( SANDISK ) 200GB microSDXC アダプター付き [海外パッケージ] SDSQUAR-200G-GN6MA
メーカー: SanDisk
発売日:

HORI (任天堂公式ライセンス)

周辺機器メーカーとしておなじみ「HORI (ホリ)」が出している microSDカード。「任天堂公式ライセンス製品」であるため、安心して使うことができます。任天堂が推奨する転送速度ももちろんクリア。読み込み速度は80MB/sとなっています。他社製品よりはやや高め。

容量:16〜128GB
転送モード:SDR104対応 UHSクラスI スピードクラス10 読込80MB/s 書込15MB/s

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード64GB for Nintendo Switch
【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード64GB for Nintendo Switch
メーカー: ホリ
発売日: 2017-05-18

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で