【比較】『ニーア オートマタ』Nintendo Switch版の特徴や他機種版との違い

2017 年 2 月の発売以降、世界 600 万本以上のヒットを記録している人気のアクションRPG『NieR:Automata』(ニーア オートマタ)が Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)に対応。2022 年 10 月 6 日に発売されます。 価格は5,280円(税込)。 スイッチ版のタイトルは『NieR:Automata The End of YoRHa Edition』(

Virtuosがベトナムの2D・3Dアート制作スタジオGlass Eggを買収

シンガポールに本社を置くゲーム開発会社 Virtuos ヴァーチャスは2022年5月19日、ベトナムの2D・3Dアート制作スタジオ、Glass Egg Digital Media を買収したと発表しました。 Virtuos はホーチミン市にあるスタジオ Sparx* も傘下に収めており、今回の Glass Egg 買収とあわせ今後ベトナムで1,000人近い人材を雇用する見通し。 また2022年6月

【比較】『ダイイングライト』Nintendo Switch版の特徴やパフォーマンス、他機種版との違い

ポーランドの Techland が手がける一人称視点のオープンワールド・ゾンビサバイバルアクション『Dying Light』(ダイイングライト)が、任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)に対応。 『DYING LIGHT: PLATINUM EDITION』(ダイイングライト プラチナエディション)として 2022 年 1 月 13 日に発売されました。

Switch版『アウター・ワールド』のパフォーマンス改善パッチが開発中、パブリッシャーがコメント

新型コロナウイルスの影響でしばし延期になったのち、2020年6月5日にリリースされた Nintendo Switch 版『アウター・ワールド(The Outer Worlds)』。Obsidian Entertainment と Private Division が手掛ける、SF 世界を舞台に展開するシングルプレイヤー RPG の Nintendo Switch 移植版です。 発売前の発表では T

『アウター・ワールド』Nintendo Switch 版の特徴・パフォーマンス

Obsidian Entertainment と Private Division が手掛けるSF世界を舞台とするシングルプレイヤーRPG『アウター・ワールド』(The Outer Worlds) の Nintendo Switch 版が、2020年6月5日に発売。 移植は元 Ubisoft 上海の立ち上げスタッフが2004年に設立した中国のデベロッパー Virtuos が協力。Nintendo

【比較】『ファイナルファンタジーX / X-2 HDリマスター』Nintendo Switch版の特徴や画質・追加要素、他機種版との違い

『ファイナルファンタジー』シリーズ10作目とその続編のHDリマスター『ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster』がNintendo Switchに対応。大いなる脅威『シン』に立ち向かう少年と少女の切ない物語が、スイッチでいつでもどこでも楽しめるようになりました。 PS2オリジナル版の発売は『FF10』が 2001 年、『FF10-2』が 2003 年でした。その後、PS3やPS V

【比較】『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』Nintendo Switch版の特徴や変更点・追加要素、PS4版とのグラフィック比較

2006年のPS2ソフト『ファイナルファンタジーXII』の海外版(インターナショナル版)をベースに新要素を追加した英語音声版『ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム』を、さらにブラッシュアップしたHDリマスター版『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』が、2019年4月25日にNintendo Switchでも発売。スイッチでいつでもどこでも