3DS eショップ:VC年間ランキング2015、1位は『スーパーマリオブラザーズ3』

ニンテンドーeショップの年間人気ランキング2015。3DS eショップのランキングはパッケージタイトルのダウンロード版、DL専用ソフト、バーチャルコンソールの3部門が発表されており、バーチャルコンソール部門の年間1位は『スーパーマリオブラザーズ3』が獲得しました。

WiiU eショップ:VC年間ランキング2015、『マザー』シリーズ3作品がトップ4入り

ニンテンドーeショップでは、ダウンロードソフトだけでなく、バーチャルコンソールの年間ランキングも発表されています。2015年に最も人気だったソフトは『MOTHER2 ギーグの逆襲』でした。 『MOTHER2』は2013年3月、「ファミコン生誕30周年キャンペーン」で配信が開始されており、2015年に新たに配信が開始されたソフトではありませんが、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の名

『ぶつ森』シリーズからNDS『おいでよ どうぶつの森』がVC化、欧州WiiU eShopで配信へ

シリーズ初のVC化。 任天堂ヨーロッパは16日、ニンテンドーeショップ配信コンテンツ情報を更新。2005年にニンテンドーDSで発売され(欧州では2006年)、累計1000万本を越えるシリーズ最高売上を記録した『おいでよ どうぶつの森(海外名:Animal Crossing: Wild World)』が、Wii Uバーチャルコンソールとして配信されることが明らかになりました。価格は9.99ユーロ/8

【Wii U】『MOTHER3』がバーチャルコンソールに、シリーズ3作品のキャラが描かれたニンテンドープリペイドカードも発売

発売10周年を前に「奇妙で、おもしろい。そして、せつない。」冒険が再び。 「Nintendo Direct 2015.11.13」の中で、ゲームボーイアドバンス用ソフトとして2006年に発売された『MOTHER3(マザー3)』のWii U バーチャルコンソールが発表されました。 発売は2015年12月17日で価格は715円(税込)。『amiibo リュカ』と同日に配信が開始。 遂にWii Uで『M

【3DS】VC版『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の特徴、通信機能にも対応しポケモンの交換や対戦が可能

ニンテンドー3DSではゲームボーイソフトのバーチャルコンソール開発は終了したと言われていましたが、「Nintendo Direct 2015.11.13」にて任天堂から新作が発表されました。『ポケットモンスター』が VC 化。 2016年は『ポケットモンスター 赤・緑』の発売から20周年のアニバーサリーイヤー。ということで、ポケモン誕生からちょうど20年の2016年2月27日、初代『ポケットモンス

任天堂、ゲームボーイソフトの3DS用VC開発を終了か。海外開発者がTwitterでコメント

海外ナツメがTwitterで、ゲームボーイソフトが今後、3DS向けバーチャルコンソールとして配信されることは無いことを明らかにしています。ナツメが配信を行わないだけでなく、任天堂自信もまた、現在はゲームボーイソフトのVC移植を行っていないとも。

【Wii U】N64やDSのバーチャルコンソールを遊べる、初VC化の『ドンキーコング64』も

DSはようやく本配信。そしてN64も来ました。 発表からずいぶん時間がかかっていたニンテンドーDSソフトのバーチャルコンソールですが、「Nintendo Direct 2015.4.2」終了後より、本配信がスタートしています。また、NINTENDO64のソフトに関しても、Wii U向けのVC化が発表されています。

SFC『スーパードンキーコング』3作品、国内でもWiiU用VCとして復活へ。Wii用VCも配信再開

日本でも復活。10月にヨーロッパでWii U用バーチャルコンソールとなって復活をはたしたSFC『スーパードンキーコング』シリーズ3作品が、国内においても11月26日にニンテンドーeショップでリリースされることが明らかになりました。価格は各823円。Wii版購入者は154円の優待価格で購入可能です。

WiiU eショップの2014年度上半期トップ25、VC部門トップは『ファイアーエムブレム 烈火の剣』

任天堂から、2014年度上半期(2014年4月1日~9月30日)のWii Uニンテンドーeショップ売上ランキング(ダウンロードソフト部門、バーチャルコンソール部門)がそれぞれ発表されています。

WiiU VC、GBA『風のクロノア ~夢見る帝国~』が欧州で配信開始

同時期にレーティングを通過しながら、『ミスタードリラー2』にWii U VCのGBAサードパーティタイトル第1弾を譲った『風のクロノア ~夢見る帝国~』ですが、22日よりヨーロッパおよびオーストラリアでVC配信が開始されました。

3DS VC、『牧場物語GB3』『エストポリス伝記 よみがえる伝説』が配信へ

着実にラインナップを拡大している、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール。新たにGBCタイトルの『Harvest Moon 3(牧場物語GB3 ボーイ・ミーツ・ガール)』と『Lufia: The Legend Returns(エストポリス伝記 よみがえる伝説)』がオーストラリアのレーティング審査を通過し、配信に向けて準備が進められていることが明らかになりました。

カプコンが語るGBAタイトルのバーチャルコンソール展開「『ロックマンエグゼ3』だけでなく、さらに多くのタイトルに取り組んでいる」

オーストラリア等級審査委員会(ACB)のレーティング審査を通過したことで、バーチャルコンソール展開が濃厚と見られているカプコンがゲームボーイアドバンスで展開した『ロックマン』シリーズ、『ロックマンエグゼ3』ですが、カプコンからはさらに多くのタイトル配信が計画されています。