カプコンが語るGBAタイトルのバーチャルコンソール展開「『ロックマンエグゼ3』だけでなく、さらに多くのタイトルに取り組んでいる」

オーストラリア等級審査委員会(ACB)のレーティング審査を通過したことで、バーチャルコンソール展開が濃厚と見られているカプコンがゲームボーイアドバンスで展開した『ロックマン』シリーズ、『ロックマンエグゼ3』ですが、カプコンからはさらに多くのタイトル配信が計画されています。

カプコンUSAの広報担当者がIGNに対して語った情報によると、カプコンは『バトルネットワーク ロックマンエグゼ3』『バトルネットワーク ロックマンエグゼ3 BLACK』両タイトルのWii U VC配信を認めるとともに、さらに多くのタイトル配信へ向けて取り組んでいることを明らかにしました。

「カプコンは、『ロックマンエグゼ3』やその他GBAタイトルを、北米のバーチャルコンソールで配信するよう取り組んでいます。ラインナップの詳細に関しては、今後数ヶ月内にお話できるでしょう。オーストラリアやヨーロッパ市場向けへのリリースタイトルに関しては、現在議論を進めているところです」

4月から配信がスタートした、Wii U VCのGBAタイトル群。初月は任天堂タイトルのみの展開でしたが、レーティング済みの他社タイトルも幾つか出てきており、ラインナップが充実していくことが期待されます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。