【Wii U】GBAのバーチャルコンソール開発は「セガ 3D復刻プロジェクト」でもおなじみエムツーが担当、嬉しい追加機能も実装

対応発表から 1 年以上が経過したゲームボーイアドバンスソフトの Wii U 用バーチャルコンソールが 3 日、遂に配信開始日を迎えました。この GBA ソフトのバーチャルコンソール化を進めているのは、セガの 3D 復刻プロジェクトでもおなじみの、レトロゲー復刻で実績あるエムツー。

エムツーが GBA の VC 化を手がける

Wii U の GBA VC はエムツーが担当していることが明らかに。

エムツーといえば、3D 復刻プロジェクト以外にも様々な復刻を担当。

Wii 用バーチャルコンソールではメガドライブ、マスターシステム、ゲームギア、VCA、MSX など。クラシックタイトルを愛情を持って現代に蘇らせるレトロゲー復刻でよく知られているデベロッパーです。今回の Wii U 向け GBA タイトルも、彼らが手がけていることが明らかに。公式サイトのリリースによると開発全般を担当しているそうです。

エムツーは「お茶の間のテレビの大画面で、お手元の Wii U GamePad で、懐かしいゲームボーイアドバンスタイトルをじっくりとお楽しみください」とコメントしています。

オリジナルの説明書を読めるアイデアもエムツーからのアイデアだったんでしょうか。画面表示の設定も、なめらか画面モードやテレビ画面の比率を選べたりと、これまでの VC には無かった嬉しい機能が複数追加されています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。