Wii U VC、GBAタイトルの取扱説明書は当時のオリジナルバージョンを使用

商品ページの公開やキャンペーン情報など、4月3日の立ち上げに向けて動き始めたWii U VCのゲームボーイアドバンス。任天堂公式サイトの各ソフト紹介ページに用意されている取扱説明書が、通常のVCとは異なり、当時のオリジナルバージョンを使用している事が明らかになりました。


最近のゲームでは電子説明書が増え、パッケージに付属している説明書には基本操作のみなんていう事も珍しくなくなり、任天堂プラットフォームのソフトも電子説明書を閲覧できるようになっていますが、かつては操作説明以外にもゲームへの入り口として説明書を読むことも楽しみの1つでした。

任天堂公式サイトのVC紹介ページでは、GBAソフトに関してのみ、当時の説明書をスキャンしたオリジナル版が公開。GBAもきちんと取扱説明書が付属していた時代にリリースされたハード。ソフトそれぞれの個性を主張するレイアウトを見ることができます。

GBAソフトとして発売された当時の説明書なので、Wii U VCの説明書として操作を確認しようとすると不便ではあるのですが、おそらくWii U本体から確認できる説明書はVC仕様になっているでしょうし、当時のファンには嬉しい計らいではないでしょうか。

[追記
製品版の取扱説明書も、公式サイトで公開されているものと同じくオリジナル版が採用されています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible