ソニー、『PS VR2』の出荷削減報道を否定「生産台数を減らしてはいない」

ソニーは「PlayStation VR2の生産台数を減らしてはいない」とブルームバーグの報道を否定しています。 「『グランツーリスモ7』や『Horizon Call of the Mountain』『バイオハザード ヴィレッジ』など30以上のタイトルが控えており、PlayStation ファンから期待する声を頂いている」とソニーは GamesIndustry.biz に対して述べています。

【Sifu】もっと香港アクション映画風に「広東語」ナレーション追加

フランスのゲーム開発スタジオ Sloclap は同社が開発・発売するアクションゲーム『Sifu』について、今後のアップデートで「広東語」ナレーションを追加すると発表しました。『Sifu』は1970年代・1980年代の香港カンフー映画から影響を受けており、ゲーム内でもさまざまなオマージュを見て取れます。広東語ナレーションの追加はこれら映画をたたえ、映画好きなプレイヤーにとっては『Sifu』をより没入

最新作は街づくり×探索、『SteamWorld Build』がPCとNintendo Switchを含むコンソールで2023年発売

『SteamWorld』(スチームワールド)シリーズの最新作『SteamWorld Build』が Thunderful Games から発表されました。 開発担当は Thunderful のスタジオのひとつで、スウェーデンのカールスハムンに拠点を置く THE STATION。 発売は2023年予定。 対応プラットフォームは PC(Steam、GOG、Epic Games) / Nintendo

【NPD】2022年の米ゲーム市場は6度目の年末を制したスイッチが年間1位に

NPDグループによると、2022年12月の米国ゲーム市場規模は2021年の同月と比べ2%プラスの75億8,300万ドルでした。コンテンツや周辺機器類は微減となったものの、ハードウェアが16%増の15億3,300万ドルと大きく伸びました。 一方、年間では2021年と比べ5%マイナスの565億5,600万ドルでした。ハードウェアとサブスクリプションに対する支出は増加したものの、供給制限が長く続いたこと

【欧州売上】2022年のゲーム市場は前年から減少に転じる、ハード販売25%減

ヨーロッパでは2022年に1億5,900万本のソフトウェアが販売され、2021年と比べて 7.1%減少しました。うち 8,250 万本はデジタル販売によってもたらされました。GSD調査による数字で、パッケージ版とデジタル版の両方が含まれます。パッケージ版売上に関してはヨーロッパ主要国における売上が含まれ、デジタル版は主要AAAパブリッシャーのデジタル売上が含まれます(任天堂やインディーの数字は除く

【UK市場】新作ソフトの勢いは前年以上も2022年はソフト・ハードとも売上減

2022年のイギリスゲーム市場規模は前年から減少に転じた1年でした。GSD の市場データによるとゲームソフトの販売本数(パッケージ+ダウンロード合算*任天堂など一部メーカーはダウンロードデータを提供せず)は3,420万本で、2021年と比べ6%ダウン。GfK によるハード販売台数は主要プラットフォームすべてが前年からダウン。全体では29%の大幅減少となりました。Nintendo Switch は最

【DBZカカロット】次回DLCは『Z』以前の「第23回天下一武道会」に?「‐BARDOCK‐ たったひとりの最終決戦」ローンチPVで気になるシルエット

2023年1月12日配信の『ドラゴンボールZ KAKAROT』DLC「追加シナリオ:‐BARDOCK‐ たったひとりの最終決戦」について、ローンチ PV がバンダイナムコエンターテインメントから公開されています。 「追加シナリオ:‐BARDOCK‐ たったひとりの最終決戦」は孫悟空の父・バーダックを主人公に据えたシナリオが展開。フリーザ軍の戦闘員として惑星侵略を行うバーダックとその仲間たちが辿る、

【P5R】『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』の売上が世界累計330万本を突破、リマスター版が発売1か月でミリオンセラーに

アトラスは『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』の売上が世界累計 330 万本を突破したことを明らかにしました。2022年10月に発売したリマスター版が発売から1か月で100万本を突破したことが売上の積み上げに大きく貢献しています。 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』(P5R)は 2016 年 9 月に発売された『ペルソナ5』(P5)にストーリーやキャラクターなどの要素を追加した完全版。2019 年 10 月に

【UK市場】2022年最も売れたゲーム機はNintendo Switch、PS5を土壇場で逆転

半導体不足や物流の混乱などによる供給リスクの高まりのなか、2022 年も引き続き家庭用ゲーム機に対する需要は強く、好調な販売が続きました。ヨーロッパにおいてゲーム市場の大きな国のひとつであるイギリスでは Nintendo Switch / PlayStation 5 / Xbox Series X|S のそれぞれが非常によく売れており、その中でもベストセラーとなったのは発売から 6 度目の年末を迎

2022年の家庭用ゲームソフト、売上の72%がデジタル経由

データ分析会社 New Zoo が2022年のゲーム市場に関する新たなレポートを公開。家庭用ゲーム市場で販売されたソフトウェア(追加コンテンツなどを含む)のうち、デジタル経由の売上が72%を占めていることが明らかになりました。ボックス(パッケージ版、フィジカル)の割合は28%でした。 PCも含めた総収益はデジタルが1,738億ドル(前年比▲4%)、フィジカルが107億ドル(同▲10.1%)。

【NPD】2022年11月の米国ゲーム市場は売上急増のPS5が金額・台数1位、『CoD:MW2』が『エルデンリング』から年間1位奪取

NPDグループから2022年11月度の米国ゲーム市場規模に関するレポートが到着。ブラックフライデーを経ていよいよホリデー商戦がはじまっていますが、ハードウェアが前年同月比で45%プラスとなるなど、全体で3%増の62億8,600万ドルを記録しています。

【Warframe】クロスプラットフォームに対応、異なる機種ともマルチプレイが可能に

Digital Extremes が配信・サービス運営中の『Warframe』がアップデート「ルアの犠牲者」でクロスプラットフォームに対応。異なる機種のユーザーともマルチプレイ(クロスプラットフォームプレイ)を楽しめるようになりました。 配信中のプラットフォームすべてがクロスプラットフォームに対応。Steam / Epic Games / Nintendo Switch / PlayStation