2022年第1四半期に米国で最も遊ばれたゲーム10選、『あつ森』も

NPD グループから、米国において2022年第1四半期(Q1、1-3月)に最も遊ばれたゲーム(家庭用/PC)10選が発表されています(リリース年順)。継続的なアップデートでコンテンツが拡充・更新され続けているタイトルや不朽の名作が数多く選ばれる中、任天堂からは『あつまれ どうぶつの森』がランクイン。 『あつまれ どうぶつの森』は 2021 年 11 月のバージョン2への更新と有料追加コンテンツ『ハ

【欧州】2022年4月はスイッチやPS5、『レゴ スター・ウォーズ』が牽引。『星のカービィ ディスカバリー』は早くもシリーズ最大売上に

GSD の最新データによると、2022年4月の欧州ゲーム市場は 29 万台近くのゲームコンソール、100万個以上の周辺機器、1,080万本以上のゲームソフトが販売されました。コンソールは前月比で15%減、周辺機器は19%減、ソフトは24%減少しています。

【NPD】2022年4月の米国ゲーム市場は『LEGO スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』が記録的なスタート、ハード売上も回復

NPD グループの報告によると、2022年4月の米国ゲーム市場規模は供給量の懸念が一部後退したハードウェアが数字を伸ばしたものの、コンテンツが伸び悩み、全体としては2021年4月と比べマイナスでした。全体の市場規模は8%減の43億ドルでした。2022年これまでの累計も前年同期と比べ8%減の183億ドルでした。

【NPD】2022年3月の米国ゲーム市場は前年比15%減もXbox Series X|SがXbox史上最高の3月売上

NPD グループより、2022年3月の米国ゲーム市場規模が報告されています。米国ゲームファンはこの3月、ゲームに対する支出を縮小。市場規模は2021年3月から15%減の約49億ドルでした。 要因はさまざまですが、主にハードウェア市場において、新世代機の高い需要に対して十分な台数を確保できていない影響が大きいと見られています。 それでも2022年3月の米国ゲーム市場には、いくつか印象的な話題が含まれ

【ソニックオリジンズ】6月23日、ソニックの誕生日に原点4作品が新要素を収録して再び登場

セガは2022年4月20日、『Sonic Origins』(ソニックオリジンズ)を2022年6月23日に発売すると発表しました。対応プラットフォームは PlayStation 5 / PlayStation 4 / Nintendo Switch / Xbox Series X|S / Xbox One / Steam / Epic Games Store。 ゲーム本編の価格は 4,389 円(税

【欧州】2022年3月に最も売れたハードはNintendo Switch、『星のカービィ』最新作はドイツで特に人気

ヨーロッパ市場における2022年3月の売上が報告されています(GSD調べ)。3月は『エルデンリング』が好調な販売を維持しソフト売上1位となったほか、注目作が複数発売されたことで活況でした。ハード売上では Nintendo Switch が再び首位に。Xbox Series X|S や PlayStation 5 は需要に供給が追いつかない状態が続いています。 ソフトウェア 2022年3月、欧州全体

【比較】『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』特徴や機種ごとの画質の違い

Warner × TT Games による『LEGO』ビデオゲームシリーズの最新作『Lego Star Wars: The Skywalker Saga』(レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ)が 2022 年 4 月 5 日に世界発売。映画『スター・ウォーズ』シリーズ、エピソード1「ファントム・メナス」からエピソード9「スカイウォーカーの夜明け」までの 9 作品にまたがる過去最大規模

【PSストアカード】対象店舗で購入すると抽選でPS5コントローラー「DualSense」が当たる

対象店舗にて「プレイステーション ストアカード」を購入し、特設サイトより応募すると抽選で PlayStation 5 のコントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー」が当たるキャンペーンがはじまりました。 購入対象期間は2022年4月5日まで。 応募期間はその翌日2022年4月6日まで。 今回のキャンペーンはコンビニではなく家電量販店等が対象。エディオン / ゲオ / ジョーシン

【NPD】2022年2月の米国ゲーム市場は『エルデンリング』が『ホライゾン2』を抑え1位、ハードはSwitchが1位に返り咲き

NPD グループの報告によると、2022 年 2 月の米国ゲーム市場規模は前年同月と比べ 6 % 減少して43 億 8,400 万ドルでした。とはいえ、非常に高い水準を維持しており、ゲーム産業は活況を呈しています。 減少幅が大きかったのはハードウェア。供給量が限られていたことから前年同月比27%減の 2 億 9,500 万ドルでした。コンテンツは4%減の39億800万ドル、周辺機器・アクセサリ類は