[映画] 相変わらず元気なサマンサ『セックス・アンド・ザ・シティ2』

大ヒットTVドラマシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』の劇場版第2弾。ハッピーエンドで終わった前作から2年後が舞台になっていて、結婚したキャリーはそろそろ不満も溜まりだし、ミランダとシャーロットもそれぞれ家庭や仕事の悩みを抱えています。

[映画] スケート・オア・ダイ(2008)

麻薬の取引現場で起きた殺人事件を偶然目撃してしまったスケボー青年2人が、案の定見つかってしまいパリの街を舞台にエスケープ!というお話。なんだけど、せっかくスケートボーダーという設定があるのに、それがほとんど生かされることもなく、トリックをほとんど見せてくれるでもなく、ただただ逃げ回るだけなので、設定は面白そうなのにスタイリッシュさも無くて、なんだか勿体ない。

[映画] 宮崎あおいちゃん主演で同名漫画を映像化!! 『ソラニン』

宮崎あおいちゃん主演の、浅野いにお原作の漫画『ソラニン』の映画版。原作を再現するという意味ではけっこう再現度の高い作品じゃないかなあと思う。加藤役のサンボマスター近藤さんなんかはそっくりすぎて気持ち悪いくらいだし、原作の持っているゆるいノリもしっかりある。漫画では歌詞だけだったテーマソング「ソラニン」も、アジカンのゴッチの手によってメロディが加えられ、ライブで再現されている。

[映画] GOAL!3 STEP.3 ワールドカップの友情(2009)

FIFA公認のフットボール映画3部作の完結編。のはずなんだけど、これまでの2作品とは全く別作品のようになってしまった『GOAL!3 STEP.3 ワールドカップの友情』。この映画シリーズってメキシコ人の主人公サンティのフットボール人生を描いたものだと思うんだけど、その完結編がどうしてこうなってしまったんだろう。

[映画] もし、長年連れ添った妻の中からあなたが消えていってしまったら?『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』

もし、長年連れ添った伴侶が認知症になってしまったら?自分が彼(彼女)の記憶から消えてしまったら?というのがテーマの映画。 徐々にアルツハイマーの症状を見せ始める妻が自ら夫の反対を押し切って介護施設への入所を決めてしまう。規則で一ヶ月は面会不能とされ、久しぶりの再会は夫婦の愛を再確認出来るはずだった。44年という夫婦生活の間は常に一緒に居た2人なのに、病気一つ、たったの一ヶ月という空白で距離が出来て

[映画] さよなら。いつかわかること(2007)

最愛の妻・母を亡くした家族のお話。軍人である母親の、戦地からの帰宅を待ちわびる娘達。そして妻に起こった悲劇を、その娘達にどう伝えたらいいんだと苦悩する生活感溢れる父・スタンレー。母親は作中留守電の音声でしか出てこないんだけど、家族を通して母の大切さ、偉大さが描かれています。ピアノ主体の静かな音楽を担当したのはクリント・イーストウッド。

[映画] 作り物を差し込んでしまった海洋ドキュメンタリー『オーシャンズ』

「海ってなに?」そんな少年の問いかけから始まる海洋ドキュメンタリー映画『オーシャンズ(OCEANS)』。「アース」や「ディープ・ブルー」を比較に出したキャッチが出ていましたが、制作は別会社。監督は『WATARIDORI』を手掛けたジャック・ペラン。

[映画] テリー・ギリアム監督、ヒース・レジャー主演によるファンタジー映画『Dr.パルナサスの鏡』

テリー・ギリアム監督、ヒース・レジャー主演によるファンタジー映画『Dr.パルナサスの鏡』。映画館でも見て、DVDでも見てっていう何度も楽しめる作品でした。ヒース・レジャーの演技力もさすがだし、人のイマジネーションを具現化した、パルナサス博士の鏡の中の世界もお見事。そしてお人形のようなヴァレンティナのスタイルの良さ。そりゃ貢ぎ物として悪魔にも狙われちゃうよね。

[映画] 水どうスタッフも参加したロードレースアニメ第2弾『茄子 スーツケースの渡り鳥』

高坂希太郎監督によるロードレースアニメ第2弾。今回の舞台は日本、毎年10月に宇都宮で開催されている「ジャパンカップサイクルロードレース」ということで、起伏に富んだコースや美しい紅葉の中で前作以上に迫力あるレースシーンを楽しめます。北海道ローカル番組から全国人気となった深夜バラエティ番組『水曜どうでしょう』の藤村Dと嬉野Dも出演していて、洋さんとの掛け合いでニヤリとしたり。