Amazon Kindleストアのセール・キャンペーン情報です。今週は対象タイトルが、50%以上の割引となる「秋の読書フェア」や50%オフの「サンマーク出版セール」などがスタート。小説やエッセイ、ビジネス書など幅広いジャンルの電子書籍がお得な価格で販売されています。

Amazonギフト券チャージでポイント還元

Amazonギフト券を利用していますか?Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。通常会員なら最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%。

初回利用時なら、さらに1,000ポイント還元のキャンペーンも。

事前に残高をチャージしておくと、クレジットカードなしでAmazonの買い物ができて便利です。

Amazon.co.jp: アカウントに残高をチャージ

注目のセール・キャンペーン

開催中の主なセール・キャンペーン

注目本・気になる本

マタギたちが経験した山での不思議な経験を、長年にわたって取材し、書き下ろした実話譚。

マタギ奇談
著者: 工藤 隆雄
出版社: 山と溪谷社

大好きな山で仕事ができる、ただそれだけの理由でヘリコプター会社に入った篠原秋彦は、山小屋への物資輸送のかたわら、空からの遭勤救助法の確立を目指す。ひとりでも多くの人の命を救いたい。そのために山を研究し、私生活を犠牲にして現場に飛び込んでゆく。そのすさまじいまでの救助の実態を、山岳遭勤ルポの第一人者、羽根田治が真実に迫る筆力で紹介する。

「天は我を見放したか」という映画の著名なフレーズとは大違い、新発見の事実を丹念に積み重ね、青森第5連隊の悲惨な雪行行軍実態の真相に初めて迫った渾身の書、336頁にもわたる圧巻の読み応え。

八甲田山 消された真実
著者: 伊藤 薫
出版社: 山と溪谷社

日本第2位の高峰、北岳を舞台に山岳救助隊と山岳救助犬が駆ける!『山と溪谷』にて好評連載された、南アルプス山岳救助隊と救助犬の活躍を描く本格山岳小説短篇集。

羽が生えたように軽くなる。ニューヨークで話題の最強のダイエット法ついに日本上陸!ちぢんだ各部位を元の位置に戻すだけでドラマチックにやせる。

ゼロトレ
著者: 石村 友見
出版社: サンマーク出版

体をほぐすのでもなく、筋肉を鍛えるのでもなく、体内の圧力を高める。人体のメカニズムにそった、絶対的リカバリーをもたらすコンディショニング・アプローチ。スポーツ医学の回復知見を全集約。今ある疲れは解消し、明日の疲労は予防する―知られざるスタンフォードの回復理論を完全網羅・初公開!

スタンフォード式 疲れない体
著者: 山田 知生
出版社: サンマーク出版

「睡眠研究のメッカ」スタンフォードの現役日本人教授が明かす、最新の科学的エビデンスに基づいた「究極の疲労回復」法とは?

「世界最高」の呼び声高いスタンフォード大学の睡眠研究。そのトップを務める世界的権威の日本人による、「最強の眠り方」を伝授する本です。

スタンフォード式 最高の睡眠
著者: 西野 精治
出版社: サンマーク出版

刊行10年目にして100万部を突破した、不朽のロング・ミリオンセラー!二つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が、その成功の礎となった「人生哲学」をあますところなく語りつくした一冊。夢をどう描き、どう実現していくか?人間としてもっとも大切なこととは何か?――サッカー日本代表の長友佑都選手、野球日本代表監督の小久保祐紀氏などトップアスリートも座右の書としてその名を挙げる、「究極の人生論」。

生き方
著者: 稲盛 和夫
出版社: サンマーク出版

主人公・鈴木千秋は、29歳、独身。現在彼氏なし。惚れっぽくて、飽きやすい性格のため、恋愛が長続きしないのが悩み。そんな彼女は、ある日、隣室に住むイケメン男子に、“片づけられない”部屋を見られてしまう。一念発起した千秋は、ふと検索した「片づけコンサルタント・こんまりさん」の片づけレッスンを申し込んでみることに…。千秋の片づけと恋は、どうなるのか!?―あなたにも、きっと魔法がかかります。

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法
著者: 近藤 麻理恵,ウラモト ユウコ
出版社: サンマーク出版

指し手が震えたあの場面の真相は?巨大な重圧の底で目覚めたものは?できれば勝負したくない相手とは?ロッカールームで必ず選手に言っていたことは?何が勝敗を分かつのか。何が技を磨き、精神を高めるのか。勝負の世界の怖さを知り尽くした二人の男が、勝負への執念と気構え、そして名場面の舞台裏を語り尽くす。

勝負哲学
著者: 岡田 武史,羽生 善治
出版社: サンマーク出版

弱気で人見知りな僕でも世界で活躍できるようになった方法を初公開!くらべない、気にしない、引きずらない―仕事・人間関係など人生のパフォーマンスを最大化する新習慣!

戦後の泥沼から理想を掲げて這い上がり、いまや世界最強国家の1つになったドイツ。しかし、その理想主義に足をとられてエネルギー・難民政策に失敗し、EUでも「反ドイツ」の動きが止まらない。「民主主義の優等生」は、どこで道を間違えたのか?ドイツ在住の作家がいま、日本人に伝えたいこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で