KDDIは4月4日、4月9日よりスマホ決済サービス「au PAY」を開始すると発表しました。対応店舗にてスマホアプリに表示されるバーコードやQRコードをレジや各種端末で読み取ることで買い物することができます。au PAY は最新の au WALLET アプリ上から利用できるようになります。

KDDIのスマホ決済サービス「au PAY」が、4月9日よりはじまります。同日よりリリースされる最新の au WALLET アプリが対応し、対応店舗での会計時、スマホ画面を見せるだけで支払いが完了します。

「au PAY」は利用金額に応じて、au WALLET ポイントが200円(税込)ごとに1ポイントが還元。auスマートパスプレミアム会員なら200円(税込)で3ポイント貯まります。

auスマートパスプレミアムは、日替わりのお得なクーポンや無料引換券など様々な会員限定特典やWebアプリ、あんしんサービスを利用できるauの会員プログラムです。会員はau PAYのポイント還元も優遇を受けることができます。

auスマートパスプレミアム

決済はau WALLET残高から

決済は事前にチャージしたau WALLET残高から引き落とされる仕組み。

これまでの au WALLET 残高を引き継いで使えるほか、WALLET ポイントやau かんたん決済、クレジットカード、現金などでチャージすることができます。またじぶん銀行とauかんたん決済ではオートチャージ設定をすることも可能。

残高の上限金額は100万円まで。一回の支払いで5万円(税込)未満まで使うことができます。

2019年夏以降はチャージ方法が拡充。全国2万5000台あるセブン銀行ATMでのチャージにも対応するほか、「auかんたん決済 (リアルタイムチャージ)」では残高不足時にその場で不足額の自動チャージも可能となります。

キャッシュレス対応支援として、主に中小規模の加盟店向けに店舗用アプリ「au PAY for BIZ」を無料で提供。「au PAY for BIZ」を利用した取引の決済手数料を0%で利用できるキャンペーンも実施します。

主な対応店舗(2019年4月4日時点)

4月4日時点で「au PAY」に対応するのは主に、ローソンやミニストップ、セイコーマート、ポプラといったコンビニエンスストアのほか、ウエルシア、サンドラッグといったドラッグストア、エディオン、ジョーシン、ビックカメラ、ケーズデンキ、ヤマダ電機などの家電量販店。イケア、ライトオン、メガネスーパーなど様々なジャンルの店舗で使えるようになります。

KDDIは「au PAY」で「楽天ペイ」や「メルペイ」「食べログ」と連携し、利用可能店舗は順次拡大予定です。

最大26.5%還元、au WALLET ポイント つかえる! たまる! キャンペーン

2019年4月15日以降順次開催される「au WALLET ポイント つかえる! たまる! キャンペーン」では、利用金額の合計最大26.5%の「au WALLET ポイント」が還元。一気に知名度を高めたペイペイのように、au PAYも利用者獲得を目指します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で