セブン-イレブン・ジャパンは、7月1日よりセブン&アイ独自のバーコード決済サービス『7pay(セブンペイ)』を開始すると発表しました。

あわせて、『PayPay』『メルペイ』『LINE Pay』の国内3社、『アリペイ(Alipay)』『WeChat Pay(微信支付)』の海外2社を加えた計5社のバーコード決済サービスについても同時に導入します。

一方、楽天ペイやOrigami Payは少なくてもサービス開始段階では非対応です。

セブン−イレブンではこれまで、セブン&アイグループの電子マネー「nanaco」をはじめ、各種クレジットカードや交通系電子マネー、楽天Edyなどの電子マネーについても利用可能でした。7月からはさらに、「7pay(セブンペイ)」などにも対応。スマートフォンのバーコード決済も利用できるようになります。

複数のバーコード決済サービス開始にあたっては、レジ操作時において店舗の従業員が、ボタンひとつで全てのバーコード決済に対応可能となる新たな機能を独自開発。セブン‐イレブン加盟店側の負荷軽減に向けたシステムを導入するということです。

「7pay(セブンペイ)」は、セブン&アイ・ホールディングス傘下の株式会社セブン・ペイが提供するスマートフォンを活用するバーコード決済サービス。店頭レジやセブン銀行ATM、クレジットカードなどから残高をチャージして支払いに使用します。

セブン‐イレブンアプリ内から簡単登録・利用でき、支払い200円(税抜)ごとに1nanacoポイントが貯まります。期間限定でnanacoポイント2倍キャンペーンなど、様々な特典も準備。

まずはセブン−イレブンからスタートしますが、今後、2019年10月を目処に外部加盟店への利用拡大や、2020年春以降にはセブン&アイグループ各社のアプリとの連携も予定されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で