1つのQRコードで、複数のスマホ決済(QRコード決済)を利用できるように。

デジタルガレージを中心とするDGグループが5月16日より開始した、複数のQR決済サービスを“1つのQRコード“で利用できるマルチ決済サービス「クラウドペイ」に、d払い・LINE Pay・メルペイ・Alipay・WeChat Payが対応。

加盟店は事業者と個別にその都度契約することなく、1つの統一QRコードを設置するだけで、複数のQRコード決済を利用することができます。

Cloud Pay イメージ

複数のQRコード決済が、1つのQRコードで利用できるよう共通化

クラウドペイは、ユーザーが店舗に設置されたQRコードを読み取り支払いを行うMPM方式を採用。このQRコードが複数のコード決済サービスに対応しているのが特徴で、ユーザーは利用したいスマホ決済アプリを起動してスキャンし、支払い金額を入力すると決済が完了します。

Cloud Pay 流れ

加盟店側は、導入に際して特別な機器を追加する必要がないため導入コストを抑えることができ、比較的容易に導入できること。すべてのQR・バーコード決済サービスの決済状況の確認やキャンセル対応をアプリ上で行えること。利用した決済サービスを問わず「クラウドペイ」を通じて一括入金されるため、経理業務を省力化できるといったメリットがあります。複数のQRコードを設置しなくても良くなるのでレジまわりもすっきり。

Cloud Pay

またクラウドペイは消費税率引き上げに伴う景気対策「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画し、政府によるポイント還元対象に含まれるということです。

共通化がはじまったQRコード決済。クラウドペイのサービス開始時点ではd払い・Alipay・WeChat Pay・LINE Payとメルペイの5つのサービスにとどまりますが、他の決済サービスについても追加予定だとされています。店舗側、消費者側双方にとって使いやすいサービスとして利用できるよう「○○ペイ」系決済サービスの共通化を進めていってもらいたいところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で