au PAY(auペイ、エーユーペイ)は、2019年4月にスタートした、QRコードで支払いができるKDDIのスマホ決済サービスです。スマホのau WALLETアプリから利用でき、利用金額に応じてau WALLETポイントを貯めることができます。

2019年8月29日より、au以外のユーザーでも利用できるようになりました。

au PAY 概要

サービス名称:au PAY (auペイ、エーユーペイ)
1回あたりの支払上限金額:5万円未満

「au PAY」は、「au WALLET 残高」を、買い物の支払いに利用できるKDDIのスマホ決済サービスです。「au WALLET」アプリの機能の1つとして提供されていて、アプリを起動すればすぐに残高を確認したり、au WALLET 残高へのチャージ、au PAYによる支払いもこのアプリで行うことができます。

利用ごとに「au WALLET ポイント」が貯まり、貯まったポイントをau WALLET 残高にチャージすることが可能です。

スマパスプレミアム会員ならもっとお得

ポイント付与率は200円(税込)ごとに1ポイントの0.5%。auスマートパスプレミアム会員なら200円(税込)で3ポイント貯まります。

auスマートパスプレミアムは、日替わりのお得なクーポンや無料引換券など様々な会員限定特典やWebアプリ、あんしんサービスを利用できるauの会員プログラムです。会員はau PAYのポイント還元も優遇を受けることができます。

auスマートパスプレミアム

au PAYを利用するための準備

1. au WALLET プリペイドカード

auユーザー

au PAYを利用するためには、au WALLET プリペイドカードへの申込みが必要となります。au WALLET プリペイドカードを持っていない人はまず、アプリやauショップなどから申し込みが必要。手元にカードが届いたら専用ページからログインし、利用開始の手続きを行います。

au以外のユーザー

「au PAY」を利用するには「au ID」と「au WALLET アプリ」が必要になります。

2. au WALLET アプリをインストール

App Store / Google Pay で、au WALLET アプリをインストールします。

3. au WALLET 残高をチャージする

au WALLET アプリを起動すると「チャージ(入金)」「チャージ(ポイント入金)」というメニューがあります。ここをタップすると、それぞれの方法でチャージすることができます。

入金方法

au WALLET 残高のチャージは、auかんたん決済やクレジットカード連携、WALLETポイント、じぶん銀行(リアルタイムチャージ)、現金(コンビニやauショップ)で行うことができます。設定額未満になったら○○円だけチャージするオートチャージ(一定額チャージ)も設定することができます。

オートチャージ機能はもう1つ「リアルタイムチャージ」があります。これは、支払い時にau WALLET残高が不足している場合に、その差額をじぶん銀行口座から自動的にチャージして支払いを行う機能です。不足分を自動で補ってくれるので、事前チャージの手間なく利用することができます。

チャージした残高に有効期限はある?

チャージした残高に有効期限はありません。まとめてチャージしても期限切れでなくなることはありません。

au PAYを店で使う 支払い手順(コード支払い)

au PAYをお店で利用するには、店頭で支払い時に「au PAY」で支払う旨を伝え、au WALLET アプリの「au PAY」からQRコードを表示。

QRコードを店員に読み取ってもらうことで支払いが完了します。

1. au WALLET アプリの「au PAY」をタップ

au WALLET アプリのホーム画面またはメニューバーから「au PAY」アイコンをタップします。

2. 決済用のQRコードが表示

決済用のQRコードが表示されます。こちらで支払い金額を入力したりは不要。

※コードの有効期限は5分間です。有効期限が過ぎたら画面の更新をして新しいコードを払い出してください。
※「au PAY」画面を開くと「この画面へのショートカットを作成する」というリンクがあります。このリンクをタップして進むと、ホーム画面に「au PAY」のQRコード画面へショートカットできるアイコンを設置することが可能。

アプリだと通常「アプリを起動」>「au PAY」をタップと2ステップかかるところを、1タップでQRコードを表示させられ、すぐにコードを表示させることができます。

3. コードを読み取ってもらう

あとはau PAY画面を提示し、レジで読み取ってもらえば支払いは完了です。

スキャン支払いの場合

スキャン支払いに対応している店舗もあります。スキャン支払いとは、店舗が提示したコードを、ユーザー側で読み取り、会計金額を入力して決済する支払い方法です。スキャン支払いの場合は、アプリ起動後にau PAYをタップし、「スキャン支払い」を選択。カメラが起動するのでコードを読み取り、会計金額を入力します。

現金要らず、スマホだけで簡単に買い物ができるスマホ決済。先にau PAY画面を開いておくなどすると、よりスムーズに支払いを済ますことができます。

au PAYを使えるお店

対応店舗はau PAY公式サイトから、現在地やジャンルで検索することができます。

たとえばローソンやミニストップ、セイコーマート、ポプラなどのコンビニエンスストア、松屋やスシローなどの飲食店、サンドラッグなどドラッグストア、ビックカメラやコジマ、ソフマップ、ヤマダ電機、ベスト電器など家電量販店、書店やエンタメ、アパレルや雑貨の販売店などで利用可能。IKEAも対応しています(2019年4月4日時点)。

KDDIは「au PAY」で「楽天ペイ」や「メルペイ」「食べログ」と連携。利用可能店舗は今後も順次拡大予定です。

おわりに

というわけでKDDIが開始したスマホ決済「au PAY」の使い方や残高チャージ方法、使えるお店についての話題でした。大きな特徴としては「au WALLET 残高 / au WALLET ポイントをそのまま使える」「WALLETポイントが貯まりやすくなった」などがあります。2019年8月29日から、au以外のユーザーも利用できるようになりました。

僕も含め、これまでは機種変更のときくらいしかWALLETポイントを使ってこなかったという人は、意外とポイントが貯まっているかもしれません。au PAYでWALLETポイントをいつもの買い物に利用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazon Music Unlimitedは、月額980円で6,500万曲以上が聴き放題のAmazonの音楽配信サービスです。プライム会員なら月額780円、年間加入なら7,800円で1月あたり650円ともっとお得に。広告なし、オフライン再生、スマートスピーカーEchoシリーズ対応。

アーティストが自身の音楽について語る「Side by Side」も配信中。

Amazon Music Unlimited