楽天が運営するスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、4月1日より「URBAN RESEARCH」「URBAN RESEARCH Store」「SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH」の主要5店舗で利用可能になりました。発表によると、「楽天ペイ(アプリ決済)」が、大手セレクトショップに導入されるのは初めてのこと。

アーバンリサーチ店舗が「楽天ペイ(アプリ決済)」対応

アーバンリサーチの「楽天ペイ(アプリ決済)」導入により、ユーザーは対象となるアーバンリサーチ店舗で商品購入時、「楽天ペイ(アプリ決済)」のスマホアプリで支払いが可能となります(QRコード読み取り)。アーバンリサーチは今回導入される主要5店舗での利用状況を踏まえ、今後全国の302店舗(2018年3月28日時点)へ拡大するかどうかを検討していくということです。

アーバンリサーチでは、2015年8月より自社のECサイト「URBAN RESEARCH ONLINE STORE」にて「楽天ペイ(オンライン決済)」を導入しているほか、楽天のファッション通販サイト「Rakuten Brand Avenue」にも出店。これまでも、楽天のグループサービスと連携しています。今回、「楽天ペイ(アプリ決済)」をアーバンリサーチの実店舗に導入することで、オンラインとオフラインの相互送客を図っていきます。

楽天ペイ(アプリ決済)導入店舗

URBAN RESEARCH 堀江店
URBAN RESEARCH Store 心斎橋店
URBAN RESEARCH KYOTO
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH 心斎橋店
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店

ポイント付与率

楽天ペイ(アプリ決済)利用時:200円(税込)につき1ポイント
「楽天ペイ(アプリ決済)」の支払い元を「楽天カード」にすると、さらに100円(税込)につき1ポイント付与

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で