買い物などで貯めた楽天スーパーポイントを使って、クレカの利用代金支払い。

楽天カードの利用代金を「楽天スーパーポイント」で支払うことができるサービス、「楽天カード ポイントで支払いサービス」が、9月12日よりはじまっています。

楽天カード利用で楽天スーパーポイントが貯まるだけでなく、月々の楽天カードの利用代金支払いに、楽天市場の買い物や楽天グループのサービス利用で貯まる「楽天スーパーポイント」を使うことが可能に。

楽天スーパーポイントで楽天カードの料金支払いが可能に

楽天カード株式会社が、9月12日より新サービス「楽天カード ポイントで支払いサービス」を開始しました。このサービスは、楽天カードの月々の支払い金額に、「楽天スーパーポイント」を充当できるサービスです。

1回の手続きにつき、50ポイントから最大50万ポイントまで利用することが可能(ダイヤモンド会員以外は最大3万ポイントまで)。

1か月に最大5回まで、このポイント支払いを利用することができます。

ポイントで支払いの設定手順

ポイント支払いの利用手続きは、楽天e-NAVIから簡単に行うことができます。

  1. 楽天e-NAVIへアクセスし、トップページにある「お支払い関連サービス」より「ポイントで支払い」を選択。
  2. 「ご利用ポイント数」で、使うポイントを入力。
  3. 確認画面が表示されるので「申し込む」を選択。
  4. 受付完了画面が表示されます。

利用受付期間は、その月の支払金額が確定する毎月12日以降から20日22時まで(一部の金融機関を利用中の会員は、15日22時まで)。

なお、使えるポイントは「通常ポイント」です。期間限定ポイントやs楽天キャッシュなどを充当することはできません。

獲得ポイントは変わる?

ポイント支払いをしても、楽天カード利用で獲得できるポイント数は変わりません。

たとえば、10万円分の買い物をしたとします。ポイント支払いゼロの場合でも、1万ポイントを充当して支払いが9万円になったとしても、獲得ポイントは買い物の利用金額に対してかかるので、1%分の1,000ポイントとなります。

ポイント支払いの有無にかかわらず、カード利用獲得ポイントは「ショッピング利用金額 ×1%」です。

「楽天カード ポイントで支払いサービス」概要

利用受付期間

支払い金額確定(毎月12日頃)後~20日22:00(一部の金融機関を利用の会員は15日22:00まで)

利用可能ポイント種別

通常ポイント

利用不可

期間限定ポイント、他社から交換したポイント、楽天キャッシュ

利用回数条件・ポイント数

1か月に利用できる回数

カード単位で毎月5回まで

1回の手続きで利用できるポイント数

ダイヤモンド会員:50~50万ポイント
ダイヤモンド会員以外:50~3万ポイント

1か月に利用できるポイント上限

ダイヤモンド会員:50万ポイント
ダイヤモンド会員以外:10万ポイント
※1か月の利用上限は、他の楽天グループでの利用分も含みます。

サービス対象となる請求

カードショッピングの利用代金、分割・ボーナス払い手数料、リボ払い手数料、カード年会費、その他所定の費用・手数料等

対象外

カードキャッシングの融資金および利息等

サービス利用条件

引き落とし口座の登録が完了している本カード会員
前月請求分の支払いが済んでいる会員

楽天スーパーポイントは楽天証券の投資信託購入に使えるようになるなど、このところ利用の幅が広がっています。

9月からは楽天証券のサービスが拡充され投信積立もポイントで行えるようになりますが、それだけではなく、楽天カードの支払いも貯まっているポイントで行えるようになります。

楽天カード

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で