楽天のスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」に、JCBやAmerican Expressなどの国際カードブランドを登録できるようになります。これまで楽天カードやVISA、Mastercardに加えて、新たにJCB、American Express、Diners Club、Discoverが登録可能となります。

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、事前にクレジットカードを登録しておき、商品購入時はスマホアプリで支払いができるサービス。銀行口座を登録したり、残高をチャージする必要がなく、簡単便利に使うことができます。買い物で楽天スーパーポイントが貯まったり、支払いにポイントを使うこともできます。

現在、街中で使えるのは、全国のローソンやワタミグループ、その他様々な飲食店、美容室、アパレル店など。加盟店は中小店舗が中心となっていますが、大手でも導入する企業が増えています。

最近ではスタジアム観客席でのドリンク販売にも「楽天ペイ(アプリ決済)」が導入され、楽天のキャッシュレス決済が広まりを見せています。

楽天によると、楽天ペイに新たに加わる4つの主要国際ブランドは来春にかけて順次対応を開始する予定だということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で