au のプリペイド電子マネーサービス「au WALLET」。「au WALLET プリペイドカード」はプリペイド形式なので、買い物をする際は、事前に残高をチャージ(入金)が必要です。チャージは、アプリやじぶん銀行経由で行うほか、コンビニのローソンも2016年4月より残高のチャージ(入金)に対応していますが、ローソンでのチャージ・支払い方法が間もなく変更されます。

au WALLET プリペイドカード、ローソンでの残高チャージ方法が変更に

今までのチャージ方法

これまで、ローソンで「au WALLET プリペイドカード」へ残高をチャージするやり方は、レジで店員にその旨を伝えてカードをわたし、希望額をチャージしてもらう形でした。

2018年1月30日以降のチャージ方法

新しいチャージ方法は、国内でクレジットカード決済端末のIC対応化など、セキュリティ対策が義務化されたことを受けて、ローソンでもレジシステムを変更するのに伴って操作が変わるものです。

au WALLET プリペイドカードだけでなく、プリペイドカード・クレジットカード・デビットカード支払い全体のオペレーションが変更になります。

2018年1月30日以降から順次切り替わる新しいチャージ方法は、店員へチャージする旨と金額を伝えたあと、自分でカードの読み取り操作(カードのスライド操作)を行う形となります。

「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」を含むローソン店舗が対象。

具体的な手順は次の通りです。

  1. ローソンのレジで、店員の方に au WALLET プリペイドカードにチャージする旨と、チャージする金額を伝える。
  2. カードリーダーの点灯が確認できたら、自分で au WALLET プリペイドカードをカードリーダーでスライドする。
    ※au WALLET プリペイドカードは通す向きが2方向あります。
    ※チャージする場合、カード表面左上に記載されている「Mastercard プリペイド」を下にしてカードをスライドします。逆方向はWebMoneyになっているので通りません。
  3. レジ画面に表示される金額を確認し、承認ボタンを押す。
  4. チャージ金額を支払い、レシートを受け取る。金額があっているかもう一度確認。

チャージ単位は1000円以上(1円単位で設定可能)。チャージ1回につき、最大4万5000円まで入金可能です。

まとめ:ローソンでの au WALLET プリペイドカード、自分でカードを読み取ってチャージする方法に変更

これまでは、チャージや支払いの際に、店員にカードを渡していましたが、カードにはカード番号や名義、セキュリティーコードが記載されており、店員に渡すことで万が一漏洩してしまうことも無いとはいいきれません。

新しいチャージ・支払い方法は利用者にとっては一手間増えますが、不正利用を防止する意味でも新しい方式は安全・安心です。

なお、au WALLET プリペイドカードへの残高チャージは、au WALLET サイトやアプリで「auかんたん決済」「じぶん銀行の口座」「クレジットカード」「WALLET ポイント/au ポイント」「au WALLET チャージカード」を通じて行うことも可能です。この方法ならそもそもローソン店舗に行く必要はありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で