KDDI の電子マネー「au WALLET」とネットバンク「じぶん銀行」の連携が強化され、4月5日より「au WALLET プリペイドカード」の残高不足時に、その場で不足分をチャージする「リアルタイムチャージ」機能が追加されました。プリぺイド決済における残高不足を自動的に解消する機能としては、世界初だそう。

さらに、携帯電話番号による個人間の「送金」や、じぶん銀行への「払出」の機能も追加されました。これら追加機能により、スマートフォン1つでさまざまな決済が可能となり、これまで以上に便利に利用することができます。追加機能は「au WALLET プリペイドカード」とじぶん銀行口座を連携することで利用可能になります。

リアルタイムチャージ

「リアルタイムチャージ」は、「au WALLET プリペイドカード」で買い物した時の残高の不足分を自動的にチャージし決済する新しいオートチャージ機能です。買い物時にチャージ残高が足りない場合でも、不足分が即時チャージされ決済が完了します。チャリーン。

不足分は、連携してあるじぶん銀行口座の残高の範囲内で即時でチャージされるため、買い物の前にチャージ残高を気にすることなく、安心・便利に利用することができます。

「au WALLET プリペイドカード」はその名の通り、前持って残高をチャージしてその範囲内で買い物ができる前払い方式のカード。チャージ残高が減っていることをうっかり忘れてしまいがちで、レジで引っ掛かったりしてしまうことも。けれども「リアルタイムチャージ」機能が追加されたことで、今後はじぶん銀行口座と連携。デビットカードのような即時引き落とし機能も持ち合わせることとなります。

※1回のリアルタイムチャージ上限額は50万円。

リアルタイムチャージの設定方法

リアルタイムチャージは「au WALLET」アプリの「オートチャージ設定」から設定が可能です。決済時に差額分だけじぶん銀行口座から自動的にチャージする「リアルタイムチャージ」と、残高が設定額未満になったら一定額を追加チャージする「一定額チャージ」とを選ぶことできるようになっているので、「リアルタイムチャージ」を選択すればOK。なお「リアルタイムチャージ」には、じぶん銀行との連携が必要です。

個人間の送金とじぶん銀行への払出

個人間送金は、「au WALLET プリペイドカード」を持っている人同士でチャージ残高の送金が可能になる機能。「au WALLET アプリ」から相手先の携帯電話番号と氏名カナ (2文字) を入力するだけで、面倒な現金のやりとり無く、簡単に家族や友人間での送金が行えるようになります。

じぶん銀行への「払出」では、「au WALLET プリペイドカード」のチャージ残高からじぶん銀行口座へ出金することができます。

キャンペーンで300ポイントがプレゼント

新機能追加を記念して、期間中にじぶん銀行のオートチャージ機能を利用した方全員に、WALLET ポイントが300ポイント当たる「じぶん銀行オートチャージキャンペーン」が実施されます。

キャンペーン期間は2018年4月5日〜5月31日。

詳しくはキャンペーンページを御覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン