【Fire TV】「ライブ」タブの追加で生放送番組の確認・視聴がより手軽に

Amazon は 9 月 10 日、Amazon Fire TVシリーズのメニュー画面から選べるタブのひとつとして、新たに「ライブ」の提供を日本国内で開始しました。

「ライブ」タブは、ライブ配信されるコンテンツを簡単に検索・アクセス・管理できる新しいインターフェイスです。

スポーツ中継をはじめ、リアルタイム配信のライブコンテンツは増加傾向にあることから新しいタブとして追加。現在配信中の番組などライブコンテンツを配信するアプリを集約して表示することで、様々なコンテンツの中からライブ視聴可能なものをすぐに見つけ、素早くアクセスすることができるようになりました。

「ライブ」の画面上ではライブコンテンツを配信するアプリの検索やダウンロードはもちろん、Amazon Prime VideoチャンネルやHulu、Abematvなど、ライブ配信に対応している別途契約中のアプリへのアクセスも容易に。

またダウンロードしたアプリ内のチャンネルの配信予定を確認できる電子番組表「チャンネルガイド」へのアクセスも簡単に行えます。

ライブ配信に対応したアプリをダウンロードすると、ライブの画面にアプリ名ごとに列が追加。

それぞれの列にはアプリ内で視聴できるチャンネルが表示されます。チャンネルをスクロールすることで各チャンネルの内容を簡単に確認することができるほか、画面の右上には配信中の内容と、予告情報が表示されるので、様々な情報をより素早く把握することができます。

番組情報が統合された「チャンネルガイド」は、ライブ画面の最初の列や「最近観たチャンネル」にも表示されます。これによってユーザーは、もう一度見たいチャンネルの配信状況であったりお気に入りのチャンネルの配信予定を、手間なく直接確認することが可能に。

ライブ配信対応アプリがダウンロードされていれば、Prime VideoチャンネルやPrime Videoライブイベント、その他パートナー企業が提供するチャンネルのいまと今後の配信予定を一目で確認することができます。

さっそく ABEMA や DAZN、Hulu、Red Bull TV といった企業・サービスが「ライブ」に対応。より手軽に24時間配信のニュースやスポーツ中継、アニメなどの人気コンテンツへアクセスできるようになりました。

「Fire TV」シリーズは、テレビの HDMI 端子に接続して Wi-Fi につなぐだけで動画や音楽など様々な配信サービスなどをテレビの大画面で簡単に楽しめる Amazon のストリーミング端末。Amazonプライム会員は追加料金なしでプライムビデオプライムミュージックを視聴可能。YouTube、Hulu、Netflix、U-NEXT、ABEMA、DAZN、dTV、TVerなど豊富なサービスへアクセスできます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。