新世代「Fire TV Cube」登場、オクタコアプロセッサ搭載やWi-Fi6対応により最もパワフルで安定した映像体験

Fire TV Cube 第3世代

Amazonは2022年9月29日、ストリーミングメディアプレーヤー「Fire TV」シリーズの最上位機種「Fire TV Cube」の新世代モデルを発表しました。前世代モデルと比較してプロセッサが強化され、よりスムーズで速い操作を実現。また「Fire TV Cube」としては初めて Wi-Fi 6 にも対応し、最もパワフルかつ安定したストリーミング体験が提供されます。

価格は19,980円(税込)。出荷開始は10月27日予定。

Fire TVシリーズ史上、最もパワフルな新世代 Fire TV Cube

ストリーミングメディアプレーヤー「Fire TV」シリーズの最上位機種「Fire TV Cube」に新モデルが登場しました。より強力なプロセッサ、高速かつ安定した Wi-Fi 6 への対応、スピーカーの音質向上、デザインの刷新で、これまで以上に優れたパフォーマンスを提供します。

オクタコアプロセッサー搭載、Wi-Fi 6対応

プロセッサは 2.0GHz のオクタコアプロセッサーを搭載。前世代モデルと比べて 20% パワフルになりました。Fire TV Stick 4K Maxとの比較では 2 倍パワフルに。また Wi-Fi 6 への対応により、よりスムーズなアプリ起動や操作、安定した 4K 画質映像のストリーミングを楽しむことができます。

複数の入出力端子が追加

入出力端子も新たに追加(HDMI、USB-A)。ブルーレイ/DVDレコーダーやゲーム機、Alexaコミュニケーションでビデオ電話に接続するためのウェブカメラ、USBストレージなど、さまざまなデバイスと接続することができるようになりました。Fire TV シリーズを使いたいけれど、他の機器で HDMI 端子が埋まっているという方には朗報です。

さらに、イーサネット用の入力端子も内蔵。通信回線の環境により、無線だけでなく、有線でのネットワーク接続も可能です。

アレクサ、

Alexa による音声操作にはもちろん対応。声だけで各種操作を行うことができます。また Fire TV シリーズに新たに追加された「スマートホームダッシュボード」と「Alexaショートカットパネル」により、ここからスマートホーム家電のコントロールや Alexa コミュニケーションなどの機能に素早くアクセスすることが可能です(Fire TV Stick第1世代、Amazon Fire TV第2世代、Fire TV Stick第2世代、FUNAI Fire TV搭載スマートテレビには非対応)。

なお Fire TV Cuble とテレビを接続するには HDMI ケーブルが必要ですが、セット内容には含まれていません。4Kの映像を楽しむためには、4K/60p対応で最大帯域幅18GbpsまでサポートするHDMIケーブルを別途お買い求めください。4K 画質で視聴するには 4K 対応のテレビとコンテンツが必要です。

 Fire TV Cube
(第3世代)
Fire TV Cube
(第2世代)
Fire TV Stick 4K MaxFire TV Stick
プロセッサオクタコア
クアッドコア: 最大2.2GHz
クアッドコア: 最大2.0GHz
ヘキサコア
クアッドコア: 最大2.2GHz
デュアルコア: 最大1.9GHz
クアッドコア
1.8GHz
クアッドコア
1.7GHz
メモリ2GB2GB2GB1GB
ストレージ16GB16GB8GB8GB
映像4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+最大1080p (HD)、HDR、HDR10+、HLG
音声Dolby AtmosDolby AtmosDolby AtmosDolby Atmos
通信Wi-Fi 6
イーサネットポート内蔵
Wi-Fi 5
イーサネットアダプタ同梱
Wi-Fi 6Wi-Fi 5

share