au公式の映像配信サービス「ビデオパス」。NetflixHuluU-NEXTAmazonビデオなど大手動画サービスがあるなかで、どちらかといえば目立たない存在ですが、スーパー戦隊シリーズの『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のプレミアムドラマ『快盗戦隊ルパンレンジャー+警察戦隊パトレンジャー ~究極の変合体!~』が “独占配信” されるということで話題となっています。

「ビデオパス」は au 公式のサービス。つまり利用者は au ユーザー限定で、他社のユーザー、たとえばNTTドコモやソフトバンクのユーザーは見ることはできないのか?との質問が寄せられています。このページでは、そうした疑問に関する回答を紹介しています。

ビデオパスは au ユーザー限定のサービス(8/1まで)

ビデオパス」は、無料配信されている作品に加えて、月額562円(税抜)で映画やドラマ、バラエティ、音楽、エンタメ、お笑いなど多彩なジャンルの動画1万本以上が見放題になるなどする動画配信サービス(初回30日間無料)。

無料配信分に関しては、契約している通信会社を問わずに視聴が可能です。

一方で、月額562円の「見放題プラン」や「30日プラン」、各動画のレンタル(個別課金)など有料コンテンツに関しては、KDDI回線契約に紐づいたau IDが必要となります。つまり「ビデオパス」の有料作品を楽しめるのは、現在はauユーザーのみということになります。

ビデオパスの有料コンテンツを楽しめるのはauユーザーだけ。8月1日までは。

8月2日より全キャリアに対応。au以外のユーザーも有料コンテンツを視聴可能に

KDDI回線契約に紐付いた au ID が必要となってくることで、今のところはauユーザーのみを対象とするサービスの「ビデオパス」ですが、2018年8月2日よりauユーザー以外でもサービスを利用できるよう、全キャリアに対応することが発表されています。

電子書籍サービスの「ブックパス」も、au以外のユーザーに開放されましたが(参考記事:電子書籍「ブックパス」のau縛りが撤廃、ドコモやソフトバンクなど他社ユーザーも利用可能に)、「ビデオパス」も、Wow!IDを取得することで他社ユーザーが利用できるようになります。

8月2日以降、Wow!ID があればau以外のユーザーも「ビデオパス」の有料コンテンツを視聴可能に。

対応端末

8月2日時点での、Wow!ID 対応端末は次の通りです。

  • iPhone
  • iPad
  • Androidスマートフォン
  • Androidタブレット
  • Chromecast

テレビデバイスへの対応は2018年度内(〜2019年3月末まで)が予定されています。

利用の流れとしては「iOS/AndroidアプリをDL」>「ログイン/新規登録」>「Wow!IDでログイン/新規作成」ということになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で