Amazonのストリーミング端末「Fire TV Stick」。簡単接続ですぐにプライム・ビデオなどを見られるようになります。入力を切り替えてリモコンボタンを押すとすぐに使用可能ですが、電源On/Offボタンやスイッチなどはありません。

リモコンにも「Fire TV Stick」の電源ボタンはありません。電源オフれない?まさかね。

というわけで電源オフにする方法を調べてみました。

Fire TV Stick の電源をオフにする方法

「Fire TV Stick」本体には、Micro USBポート(電源専用)とHDMI端子が備わっています。それ以外、本体に電源ボタンや端子はありません。

ヘルプページを見ると、

Fire TV Stickをオフにするには、USBケーブルを端末または電源から抜きます。

使用後にFire TV Stickをオフにする必要はありません。 Fire TV Stickは、省エネのために30分後にスリープモードになるように設計されています。スリープ中も、重要なソフトウェアアップデートは引き続き自動で受信されます。

とあります。

自動でスリープモードに入るよう設計されているので、電源ボタンはありませんよと。

電源をオフにしたいならUSBケーブルを外せば電源が切れるよと。

基本的にケーブルは挿しっぱなしですが、長期間使わないときは発熱も心配だし。。。とはいえUSBケーブルの抜き差しを頻繁にやると接触不良の不安もあるので、個別に電源ON/OFFできるスイッチ付きの電源タップをつかっています。

「Fire TV Stick」リモコンは、Alexa音声認識リモコン(第2世代)で電源ボタンがつきました。しかしこの電源ボタン、Fire TV Stickの電源ボタンではなく、機器制御でセットアップ済のテレビ等の電源オン/オフを切り替える電源ボタンとなっています。

手動でスリープモードにする方法

使い終わったのに電源入れっぱなしでスリープまで30分もかかるとか、待機電力がもったいない。自分でスリープにしたいと考える方も少なくないのでは。

そんなときは、手動でFire TV Stickをスリープモードにすることができます。

Amazon以外のサービスを視聴していたときに、アプリが起動したままということもありました。自動スリープ機能がついていますが、念の為、使い終えたら手動でスリープするようにするとよいかもしれません。

手動スリープモードにする方法 その1

簡単な方法はホームボタンの長押し。

Fire TV Stickリモコンのホームボタンを長押しします。

すると、「アプリ」「スリープ」「ミラーリング」「設定」とメニューが表示されます。「スリープ」を選択するとマニュアルでスリープモードにすることができます。

手動スリープモードにする方法 その2

もう1つは設定から。「設定」>「My Fire TV」>「スリープ」の順に選択します。

再開するときにはリモコンのどれかのボタンを押すとサクッとホーム画面が表示されます。

再起動する方法

長時間電源を入れていたり、複数アプリを起動したりすると、Fire TV Stickの動作が重い、速度がもっさりしてきたなと感じることも。調子が悪いなと思ったら再起動してみましょう。

ホーム画面上部のメニューから。「設定」>「My Fire TV」>「再起動」を選択します。

フリーズしてしまったときは、電源タップのスイッチをオンオフして再起動。ないときはケーブルを抜き差しして再起動します。一度ケーブルを抜いたときは、数秒待ってから差し込みます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazon Music Unlimitedは、月額980円で6,500万曲以上が聴き放題のAmazonの音楽配信サービスです。プライム会員なら月額780円、年間加入なら7,800円で1月あたり650円ともっとお得に。広告なし、オフライン再生、スマートスピーカーEchoシリーズ対応。

アーティストが自身の音楽について語る「Side by Side」も配信中。

Amazon Music Unlimited