【Dead Cells】『Return to Castlevania』は3月配信、『悪魔城ドラキュラ』要素を追加する大型コラボDLC


 

『Dead Cells』に『悪魔城ドラキュラ』要素を追加する大型拡張コンテンツ『Return to Castlevania』のリリース日が海外で2023年3月6日に決定しました。ニンテンドーeショップによると国内では2023年3月7日になるようです。価格は1,200円(税込)。

Dead Cells × Castlevania

『Deadl Cells: Return to Castlevania』は『Dead Cells』に古きドラキュラ城を舞台にした壮絶な戦いを追加する大型拡張コンテンツ。リヒター・ベルモンドやアルカードといった『悪魔城ドラキュラ』のキャラクターが登場し、シリーズを代表する武器を駆使してモンスターの大群と対峙し、魔王が待ち受ける玉座の間を目指します。

『Dead Cells』ではこれまで複数の追加コンテンツが配信されていますが、今回の『Return to Castlevania』では2種類のエリアと3体のボス、そして新たな物語が追加される最大規模のボリュームとなっています。

登場武器はヴァンパイアキラーやクロス、聖水などシリーズを代表する14種類。

音楽はオリジナル51曲もの『悪魔城ドラキュラ』オリジナルサウンドトラック&『Dead Cells』が再解釈した楽曲12曲。

20種類のアンロック可能なスキン。アンロック後はアルカードやリヒター・ベルモンド、シモン・ベルモンド、マリア・ラーネッド、ラルフ・C・ベルモンド、サイファ・ヴェルナンデス、ドラキュラ伯爵など、お気に入りのキャラクターになりきって遊べます。


share