Nintendo Switch版『リズム天国』企画が動き出してる?つんくさん、ユーザーからアイデアを募る

本格的に Nintendo Switch 版の企画が動き出してる?

任天堂の音楽ゲーム『リズム天国』シリーズの企画・プロデュース・楽曲提供を担当する音楽プロデューサーのつんく♂さんが、Nintendo Switchで『リズム天国』を遊びたいというユーザーの声に再び反応。

“俺もそう思います!みんなで声を高らかに!スイッチでなら一人も楽しいし、みんなでも楽しめるよね。”

とポジティブなコメントをしています。

つんく♂さんはさらにその後、スイッチ版リズ天のアイデアも募集。本格的に企画が動き出していることを期待させます。

以前にも、スイッチ版『リズム天国』を期待するファンの声に返事をしていたつんく♂さん。そこから1年が経って、再び。しかも今年は、スイッチ版に期待する機能などのアイデアも広く聞いており、ファンの反応を確認するだけだった昨年よりも何歩か企画が前進しているように見えます。

“リズム天国のSwitch版にこんな機能あったらいいなとか、過去のゲームでこんなのをSwitchで試してみたい!とか。友達との対戦ならこんなパターンがよい!とか、オンラインならこんなパターンとか、聞かせてください!”

『リズム天国』シリーズは2006年にゲームボーイアドバンスで第1作目が発売。その後『リズム天国 ゴールド』(2008年、ニンテンドーDS)、『みんなのリズム天国』(2011年、Wii)、『リズム天国 ザ・ベスト+』(2015年、ニンテンドー3DS)と続いてきました。

第2作目の『ゴールド』はDSのブームの勢いもあり、国内190万本を超える大ヒットを記録しています。

ニンテンドー3DSで発売された『リズム天国 ザ・ベスト+』は“ベスト”とつけられているだけあって、過去3作品からよりすぐりのリズムゲームが多数収録(新作も収録されています)。

これまでの総集編、音楽アルバムでいうベスト盤が出たことや、つんく♂さんの体調面のことから、リズ天シリーズはこれで終了では?との噂が流れたことがありました。しかし任天堂はこの噂を否定。 今後もシリーズが続いていく可能性に触れています。

2021年はシリーズ15周年。何か動きがあるでしょうか。別に何周年とか気にせず、その前に出ても全く問題ないのですけれど。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible