【比較】『The Wonderful 101』Nintendo Switch/PS4リマスター版の特徴、Wii U版との違い

The Wonderful 101 Remastered (ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン : リマスタード)

2013年に任天堂から発売された Wii U ソフト『The Wonderful 101』が、開発元であるプラチナゲームズをパブリッシャーとして2020年大復活。

Nintendo Switch / PS4 / Steam で『The Wonderful 101: Remastered』として蘇りました。

オリジナルの Wii U 版とリマスター版とではどこがどう変わっているのか詳しく見ていきましょう。

The Wonderful 101 について

The Wonderful 101 Remastered (ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン : リマスタード)

『The Wonderful 101』は『デビルメイクライ』や『ベヨネッタ』などを手掛けた神谷英樹氏によるアクションゲーム。ヒーロー1人のみを操作するのではなく、最大100人のヒーローが『ピクミン』のように集団でまとまって戦うユニークなゲームプレイを特徴としています。

タイトルが『101』なのは、101人目のヒーローはプレイヤー自身であるという意味も込められています。

ヒーローたちはワラワラと集まって戦うだけでなく、力を結束 (ユナイト) させて「ユナイト・モーフ」と呼ばれる巨大な合体技を繰り出すことができます。

『大神』の筆しらべのように、図形を描くことで発動するユナイトモーフには拳や剣、銃など様々なかたちがあり、バトルアクションだけでなくパズルを解くことにも使用。ゲームの攻略に大きく関わってきます。

仕様比較

各バージョンの基本的な仕様は次の通りです。

 Wii USwitchPS4Steam
The Wonderful 101 - Wii U
発売元任天堂プラチナゲームズプラチナゲームズプラチナゲームズ
解像度720pTVモード : 1080p
携帯モード : 720p
PS4 : 1080p
PS4 Pro : 1080p
1080p
※4K対応
※ウルトラワイドモニター対応
フレームレート最大60fps最大60fps最大60fps最大60fps
プレイ人数1 - 5人1 - 5人
追加モード
(DLC)

リマスター版は60fpsを目標として、その上で発売プラットフォームに合わせ解像度の向上などが図られています。Nintendo Switch版はTVモードで1080p、携帯モードでは720p表示。

リマスター版の比較 : Switch / PS4

Digital Foundry による Nintendo Switch / PS4 / PC 版の解析が行われています。解析によると Nintendo Switch 版はプラチナの当初発表通りTVモードで1080p、携帯モードで720pの解像度を達成。PS4はノーマルのPS4もPS4 Pro であっても1080pで表示されます。

フレームレートはどうでしょうか。720p解像度をターゲットにしていたWii U版のときも、最大60fpsをターゲットに30fpsとの間で表示されていた『The Wonderful 101』ですが、リマスター版もフレームレートは安定しているとは言い難いものとなっています。Switch 版はTVモード時30fps〜40fps台が多く、50fpsに届かない場面がほとんど。携帯モードでは若干改善されます。PS4版はよりスムーズであるものの、ノーマルPS4では密集したりエフェクトが多い場面など60fpsを維持できず50fps台、悪いところでは40fps台に落ちることがあります。解像度の向上がなかったPS4 Proでは60fpsでプレイが可能。

リマスター版はゲーム内容に変更がある?

The Wonderful 101 Remastered (ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン : リマスタード)

『The Wonderful 101 Remastered』は基本的に、オリジナルの Wii U 版と同じゲーム内容を踏襲。ただし当時のままではプレイヤーにとって不親切である、あるいは難易度調整が不十分であったなどする箇所は、プレイアビリティを向上するため修正・改善が行われています。

また、Wii U版では2画面のゲームプレイがベースとなっていたものが1画面になるので、その点もプレイしやすいよう調整されています。Wii U版の時点で Off-TV Play (Wii U GamePad オンリープレイ) に対応していましたが、画面の位置や大きさを調整できない不便さがあり、その辺りも調整できるよう修正が施されます。

イージーモードはきちんとイージーに

初心者向け難易度になっていなかったイージーモードに関しても、リマスター版ではきちんとイージーになるよう手直しされます。

Kickstarter のストレッチゴール(目標調達額)次第でモードが追加

Wii U 版をすでにやりこんだというプレイヤーも新たに楽しめるよう、Kickstarterキャンペーンのストレッチゴール(目標調達額)次第でまったく新しいモードを追加することも予定されています。

たとえば「タイムアタックモード」(1.1億円達成)や「Luka’s First Missionモード(若きヒーローによる横スクロールのアドベンチャーモード)」(1.65億円達成)の追加など。

追加された新ゲームモードは、DLC 形式で無償提供されるとのこと。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible