プラチナゲームズ、ニンテンドースイッチ版『The Wonderful 101』開発を希望。任天堂と交渉も

2013年に Wii U で発売された、プラチナゲームズ開発のアクションゲーム『The Wonderful 101』。神谷英樹氏がディレクターを務めたユナイト・アクションゲームは、今のところ Wii U 独占タイトルとなっており、他機種で遊ぶことはできません。

ただ任天堂は、『マリオカート8』や『ポッ拳』『ベヨネッタ 1&2』、そして5月には『ドンキーコング トロピカルフリーズ』と、普及台数で苦戦し遊ぶ人が限られていた Wii U 用ソフトを、より多くのユーザーがいる Nintendo Switch へ次々と移植しています。『The Wonderful 101』もそれらタイトルに続くことはできるでしょうか。

クロアチアで開催された欧州のゲームデベロッパーサミット兼カンファレンス Reboot Develop 2018 に出席したプラチナゲームズの稲葉敦志氏と神谷英樹氏は、お気に入りの1本である『The Wonderful 101』に言及。Nintendo Switch 版『The Wonderful 101』が可能かどうか、まだ任天堂と交渉していきたいとしており、会場に集まった観客の声も後押しになると反応を確認。観客は大きな拍手で応えました。

スイッチ版『The Wonderful 10』実現へ向けたプラチナゲームズと任天堂との話し合いは、実際に行われているようです。具体的に話すことはできないとするものの、プラチナ側がスイッチ版を作りたいという気持ちは、ファンへのリップサービスではなく確かな様子。

プラチナゲームズ公式アカウントが以前、ツイッターで『The Wonderful 101』のキャラクターがスイッチで遊んでいるイラストをアップしたのも、ファンの反応を確かめるためだったのかもしれません。

任天堂は過去ハードで発売したタイトルを Nintendo Switch で発売する可能性について、以前にもコメントしています。任天堂アメリカのレジー社長は「よりインストールベースの大きなハード(より普及しているハード)で、自分たちのコンテンツを披露したいと考える開発チームもいます」と述べており、開発チーム(あるいは会社)の希望と任天堂のソフト戦略が合致すれば、ポテンシャルを発揮しきれなかった Wii U ソフトがさらにスイッチで発売される可能性があります。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible