【NPD】2019年11月は前年比19%減、『ポケモン剣盾』がシリーズ最大ローンチも『RDR2』の反動減が響く

NPDグループから2019年11月の米国ゲーム小売市場規模が報告(一部デジタル販売を含む)。全体では前年から19%減少の22億5,100万ドルとなりました。

ポケモン完全新作の『ポケットモンスター シールド・ソード』がフランチャイズ史上最大のローンチとなった一方で、昨年の『Red Dead Redemption 2』の反動減が響き、大きなマイナスとなっています。

2019年11月 米国ゲーム小売市場規模

  • ハードウェア : 8億9,100万ドル(▲26%)
  • ソフトウェア : 9億2,600万ドル(▲14%)
  • 周辺機器・アクセサリ : 4億3,300万ドル(▲14%)
  • 合計 : 22億5,100万ドル(▲19%)

※ソフトウェア販売にはPC、家庭用ゲーム機のパッケージ版および一部デジタル販売(Steam、Xbox、PlayStation)が含まれます。

2019年11月の米ゲーム業界は、すべての項目で前年から二桁減という厳しい数字となりました。中でも次世代機へと関心が移りつつあるハードウェア市場の減少が顕著で前年から26%減で10億ドル割れ。ソフトも14%減で10億ドルを割り込みました。同様に周辺機器・アクセサリ類も14%減でした。

2019年11月までの年初来の累計売上高は116億ドル。前年比で12%減少しています。年初来の売上高は、9月までは前年並で推移していましたが、10月には10%減の93億ドルになりました。

昨年10月に何があったのかというと、『Red Dead Redemption 2』と、例年よりも発売時期を少し早めた『Call of Duty: Black Ops 4』。毎年10月に発売される『CoD』よりも『RDR2』発売の影響が大きく、2019年10月の米ゲーム市場は前年比で34%減となりました。11月も『RDR2』の反動減が数字に反映されており、フランチャイズ記録を更新した『ポケモン剣盾』でも相殺できませんでした。

ソフトウェア : 2か月目の『CoD: MW』が首位

2019年11月 US ソフト売上 トップ20

  1. Call of Duty: Modern Warfare 2019
  2. Star Wars Jedi: Fallen Order^
  3. Pokémon Sword (ポケットモンスター ソード)*
  4. Pokémon Sword and Pokémon Shield Double Pack (ポケモン ソード・シールド ダブルパック)*
  5. Pokémon Shield (ポケットモンスター シールド)*
  6. Madden NFL 20
  7. Death Stranding (デス・ストランディング)
  8. NBA 2K20
  9. Need for Speed: Heat
  10. Luigi’s Mansion 3 (ルイージマンション3)*
  11. FIFA 20
  12. Borderlands 3
  13. The Outer Worlds
  14. Just Dance 2020
  15. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  16. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  17. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  18. Tom Clancy’s Ghost Recon: Breakpoint
  19. Grand Theft Auto V
  20. Mortal Kombat 11

* デジタル販売を含まない
^ Steam版の販売は含まない

ソフトウェア市場の売上高は、前年から14%減少して9億2,600万ドルとなりました。年初来では8%減の54億ドル。Nintendo Switchソフト市場は拡大しているものの、その他ハードの落ち込みを相殺できませんでした。

月間1位は『Call of Duty: Modern Warfare』。2か月目も強く、年間1位の座を盤石にしています。また2019年11月までの過去12か月の間で最も売れているソフトともなっています。

2位に入ったのは、Electronic ArtsとRespawn Entertainment(主な開発:『タイタンフォール』シリーズ)による『スター・ウォーズ』ゲームの新作『Star Wars Jedi: Fallen Order』でした。『Star Wars Battlefront II』を経て売上目標を過去タイトルから下げているEAですが、『Star Wars Jedi: Fallen Order』は順調な立ち上がり。早くも年間9位につけています。

また2015年の『Star Wars Battlefront』に次いで『Star Wars』ゲームとして米国歴代2位の初月売上を記録。Respawn Entertainment開発タイトルとして過去最高の初月売上でデビューを飾っています。

3位はポケモンRPG完全新作の『ポケットモンスター ソード』。もう一方の『ポケットモンスター シールド』は5位に入りました。2バージョンをまとめた『ダブルパック』はその間、4位につけています。3つすべてを組み合わせると2016年の『ポケットモンスター サン・ムーン』を上回ってポケモンフランチャイズ史上最大ローンチとなり、順位も『Star Wars Jedi: Fallen Order』をかわして2位に浮上するのだそう。

著名俳優のノーマン・リーダスやマッツ・ミケルセンを起用するなど発表当初から注目を集め、大規模プロモーションを経て遂に発売された小島監督の最新作『デス・ストランディング』は7位にとどまりました。

2019年 年間トップ10

  1. Call of Duty: Modern Warfare 2019
  2. NBA 2K20
  3. Madden NFL 20
  4. Borderlands 3
  5. Mortal Kombat 11
  6. Kingdom Hearts III
  7. Tom Clancy’s The Division 2
  8. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  9. Star Wars Jedi: Fallen Order^
  10. Anthem

過去12か月間の売上トップ10

  1. Call of Duty: Modern Warfare 2019
  2. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  3. NBA 2K20
  4. Madden NFL 20
  5. Red Dead Redemption II
  6. Borderlands 3
  7. Mortal Kombat 11
  8. Call of Duty: Black Ops IIII
  9. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)
  10. Tom Clancy’s The Division 2

Xbox One

  1. Call of Duty: Modern Warfare 2019
  2. Star Wars Jedi: Fallen Order
  3. Madden NFL 20
  4. NBA 2K20
  5. Need for Speed: Heat
  6. FIFA 20
  7. Borderlands 3
  8. Tom Clancy’s Ghost Recon: Breakpoint
  9. Red Dead Redemption II
  10. The Outer Worlds

PlayStation 4

  1. Call of Duty: Modern Warfare 2019
  2. Star Wars Jedi: Fallen Order
  3. Death Stranding (デス・ストランディング)
  4. Madden NFL 20
  5. Need for Speed: Heat
  6. NBA 2K20
  7. FIFA 20
  8. The Outer Worlds
  9. Marvel’s Spider-Man
  10. Borderlands 3

Nintendo Switch

  1. Pokémon Sword (ポケットモンスター ソード)*
  2. Pokémon Sword and Pokémon Shield Double Pack (ポケットモンスター ソード・シールド ダブルパック)*
  3. Pokémon Shield (ポケットモンスター シールド)*
  4. Luigi’s Mansion 3 (ルイージマンション3)*
  5. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  6. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  7. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  8. Just Dance 2020
  9. Ring Fit Adventure (リングフィットアドベンチャー)*
  10. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)*

Nintendo 3DS

  1. Pokémon: Ultra Sun (ポケットモンスター ウルトラサン)*
  2. Pokémon: Ultra Moon (ポケットモンスター ウルトラムーン)*
  3. Super Mario 3D Land (スーパーマリオ 3Dランド)*
  4. Super Mario Maker (スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS)*
  5. Super Smash Bros. (大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS)*
  6. Luigi’s Mansion (ルイージマンション)*
  7. Mario Kart 7 (マリオカート7)*
  8. The Legend of Zelda: Ocarina of Time 3D (ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D)*
  9. Detective Pikachu (名探偵ピカチュウ)*
  10. Luigi’s Mansion: Dark Moon (ルイージマンション2)*

ハードウェア : Nintendo Switchが牽引

ハードウェア市場の売上高は前年比で26%減の8億9,100万ドルでした。来年末に次世代機が発売予定となっているPS4とXbox Oneに対する関心が薄れている影響が大きく、Nintendo Switchのみが気を吐く状況となっています。

Switchは2019年11月、および2019年全体を通して最も売れているプラットフォームです。

PS4とXbox Oneは2013年末の発売なので、今年で6年が経過。次世代機を抜きにして見ても、ゲーム機のライフサイクルとして終盤に入っており、縮小は自然な流れ。2020年末に登場してくる新ハードで再び盛り返すことができるでしょうか。

周辺機器・アクセサリ : ハード・ソフト縮小の影響を受け売上減

周辺機器・アクセサリ類に対する支出も減少しています。2019年11月は前年比14%減の4億3,300万ドルでした。

減少の要因は複数あるのではないかとNPDアナリストのMat Piscatella氏は指摘。

ハードの売上が鈍れば、デジタル版を買うためのプリペイドカードも少なくなります。また、基本プレイ無料タイトルの勢いが陰っていることもプリペイドカードの売上減に影響しているとPiscatella氏は言います。2018年末は大人気だった『Fortnite』は2019年、年間を通してその勢いを失いつつあります。

引き続き人気があるのはコントローラー。たとえば11月にこのカテゴリで最も売れたのは『Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ2』でしたし、PS4用のワイヤレスコントローラー『DUALSHOCK 4 ジェット・ブラック』は今年最も売れている周辺機器です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible