NPDグループが発表した2019年6月の米ゲーム小売市場売上高は、2019年8月と比較して13%減少して9億5,900万ドルでした。

全カテゴリが前年割れとなり、中でも減速が続いているハードウェア市場が33%減と大きく落ち込んだことが響きました。

2019年6月の米ゲーム小売市場売上高

  • ハードウェア:2億3,500万ドル(▲33%)
  • ソフトウェア:3億8,600万ドル(▲1%)
  • 周辺機器・アクセサリ類:3億3,800万ドル(▲7%)
  • 合計:9億5,900万ドル(▲13%)

ソフトウェア:『スーパーマリオメーカー2』が1位、シリーズ最大の初月売上

ソフトウェア市場の規模は前年同月比1%減の3億8,600万ドルでした。月間1位はNintendo Switchソフト『スーパーマリオメーカー2』。任天堂ソフトの売上はニンテンドーeショップのデジタル販売分を含みませんが、他の新作を抑えて首位デビューを飾っています。

2015年にWii Uで発売された第1作目から数えて、今作で3作目となる『スーパーマリオメーカー2』。Wii U版や2016年の3DS版以上の初動を見せ、シリーズの初月売上記録を更新しました。

2位に入ったのは、『クラッシュ・バンディクー レーシング』のHDリマスター『Crash Team Racing: Nitro Fueled (クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!)』。2017年の『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』に続くクラッシュの“リマスタープラス”作品が、今回も勢いある出足を見せています。

3位は『モータルコンバット11』でした。『キングダムハーツIII』や『The Division 2』『バイオハザード RE:2』などを抑え、2019年上半期最大のヒット作となっています。モータルコンバットシリーズとしては2011年版『モータルコンバット』を上回り、歴代3位の売れ行きとなっています。上位2タイトルは『モータルコンバットX』と『モータルコンバット3』とのこと。

2019年6月 USチャート トップ20

  1. Super Mario Maker 2 (スーパーマリオメーカー2)*
  2. Crash Team Racing: Nitro Fueled
  3. Mortal Kombat 11
  4. Grand Theft Auto V
  5. Minecraft***
  6. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  7. Marvel’s Spider-Man
  8. NBA 2K19
  9. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  10. Days Gone
  11. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  12. Red Dead Redemption II
  13. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  14. MLB 19: The Show
  15. Call of Duty: Black Ops IIII**
  16. Tom Clancy’s The Division 2**
  17. New Super Mario Bros. U Deluxe (Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス)*
  18. Assassin’s Creed: Odyssey
  19. Super Mario Party (スーパーマリオパーティ)*
  20. God of War 2018
*デジタル販売を含まず
**PCデジタル販売を含まず
***『Minecraft』のデジタル販売はXbox One / PlayStation 4版を含む

2019年 年間売上トップ10

  1. Mortal Kombat 11
  2. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)
  3. Tom Clancy’s The Division 2**
  4. Anthem^
  5. Resident Evil 2 2019 (バイオハザード RE:2)
  6. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  7. Days Gone
  8. Red Dead Redemption II
  9. MLB 19: The Show
  10. Call of Duty: Black Ops IIII**

過去12ヶ月間の売上トップ10

  1. Red Dead Redemption II
  2. Call of Duty: Black Ops IIII**
  3. NBA 2K19
  4. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  5. Marvel’s Spider-Man
  6. Madden NFL 19**
  7. Assassin’s Creed: Odyssey
  8. Mortal Kombat 11
  9. FIFA 19**
  10. Battlefield V**

Xbox One トップ10

  1. Mortal Kombat 11
  2. Grand Theft Auto V
  3. Crash Team Racing: Nitro Fueled
  4. Red Dead Redemption II
  5. Minecraft
  6. Forza Horizon 4
  7. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  8. NBA 2K19
  9. Tom Clancy’s The Division 2
  10. Assassin’s Creed: Odyssey

PlayStation 4 トップ10

  1. Crash Team Racing: Nitro Fueled
  2. Marvel’s Spider-Man
  3. Mortal Kombat 11
  4. Days Gone
  5. MLB 19: The Show
  6. Grand Theft Auto V
  7. Minecraft
  8. Call of Duty: Black Ops IIII
  9. NBA 2K19
  10. Red Dead Redemption II

Nintendo Switch トップ10

  1. Super Mario Maker 2 (スーパーマリオメーカー2)*
  2. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  3. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  4. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  5. New Super Mario Bros. U Deluxe (Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス)*
  6. Crash Team Racing: Nitro Fueled
  7. Super Mario Party (スーパーマリオパーティ)*
  8. Pokemon: Lets Go Pikachu (ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ)*
  9. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)*
  10. Yoshi’s Crafted World (ヨッシー クラフトワールド)*

Nintendo 3DS トップ10

  1. Persona Q2: New Cinema Labyrinth (ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス)
  2. Pokemon: Ultra Sun (ポケットモンスター ウルトラサン)*
  3. Pokemon: Ultra Moon (ポケットモンスター ウルトラムーン)*
  4. Super Mario Maker (スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS)*
  5. The Legend of Zelda: Majora’s Mask 3D (ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D)*
  6. Luigi’s Mansion (ルイージマンション)*
  7. Super Smash Bros. (大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS)*
  8. Detective Pikachu (名探偵ピカチュウ)*
  9. Super Mario 3D Land (スーパーマリオ 3Dランド)*
  10. Mario Kart 7 (マリオカート7)*

ハードウェア:Nintendo Switchが金額・台数の両面で1位

ハードウェア市場の売上高は33%減の2億3,500万ドルでした。ソニーやマイクロソフトが次世代機の存在を明らかにしたことにより、世代交代時期に入っていることが鮮明となっています。

2013年発売ハードの次世代機の投入準備を進めている2社とは異なり、2017年発売の任天堂のNintendo Switchは普及拡大。2019年6月、スイッチは金額と台数の両面で最も売れたハードとなりました。スイッチはまた、2019年上半期のベストセラーハードでした。

任天堂はゲームハードが300ドルでは高いと考えるユーザーに対して、標準価格より100ドル安い200ドルのNintendo Switch Liteを発表。9月に発売する計画です。年末の『ポケットモンスター』最新作と合わせ、まだスイッチを持っていない、現在3DSで遊んでいるユーザーの取り込みを狙います。

周辺機器・アクセサリ類

周辺機器・アクセサリ類も、6月は7%減少。売上高は3億3,800万ドルでした。コントローラー販売は好調を維持しているものの、その他製品の落ち込みを相殺することはできませんでした。ただし『Fortnite』をはじめとする「バトルロイヤル(バトロワ)」系ジャンルのここ最近の人気から、周辺機器・アクセサリ類の売上は2018年に急成長した後も、過去最高に近い状態が続いています。

6月に最も売れたコントローラーは『DUALSHOCK 4 (ジェット・ブラック)』でした。2019年上半期に最も売れたコントローラーでもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン