『チームソニックレーシング』など開発のSumo Digitalが2Kと新プロジェクトに取り組む

『チームソニックレーシング』などを開発したSumo Digitalは、Take-Twoのパブリッシングレーベル2Kと共同で、新しいプロジェクトに取り組んでいると発表しました。

現時点でタイトルや対応プラットフォームなど詳細は明らかにされていませんが、開発はSumo DigitalのSheffield StudioとRed Kite Gamesが担当しています。

Red Kite Gamesは、Rockstar Games時代に『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』や『Red Dead Redemption』『L.A. Noire』でシニアデザイナーを努めたSimon Iwaniszak氏が設立した、ハダースフィールドに拠点を置くゲーム開発スタジオ。2019年2月にSumo Digitalの親会社であるSumo Groupが買収し、Sumo Digitalの完全子会社となっています。

Red Kiteは『DiRT 4』や『God of War III: Remastered』『Call of Duty: Strike Team』といった作品を手がけてきたほか、Sumo Digitalともこの数年、幅広いタイトルで協力してきました。

「2Kと共同で仕事をすることができとてもうれしく思います。そして今後、このプロジェクトの詳細をお伝えするのを楽しみにしています」

Sumo Digitalのマネージング・ディレクターGary Dunn氏は述べています。

Sumo Digitalというと『アウトラン2』や『ソニック&セガ オールスターズ レーシング』『ソニック&オールスターレーシング トランスフォームド』のほか、『Forza Horizon』Forza Motorsport』などレースゲームが印象的ですが、『スネークパス』や『リトルビッグプラネット3』といったアクションゲームも開発。また『パワースマッシュ3』や『Xbox Fitness』『Nike+ Kinect Training』などスポーツタイトルを手がけたこともありました。

一方の2Kは、『NBA 2K』や『WWE 2K』を中心に、『Sid Meier’s Civilization』『Borderlands』『Mafia』などを展開しています。

既存シリーズの関連タイトルなのか、あるいはまったく新しいタイトルが生み出されることになるのか。動向に注目です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。