『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編が開発されることになった理由、元はDLCの構想だった

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 続編(ZELDA: BOTW 2)

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編を開発中であるという発表は、E3 2019で任天堂が行った中で、最もインパクトの大きな発表の1つでした。

2つの追加コンテンツを配信して完結した『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編を任天堂はなぜ制作することにしたのか。シリーズ総合プロデューサーの任天堂・青沼英二氏が海外メディアに対して、その理由を簡単に説明しています。

任天堂が『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編を開発することにした理由

青沼氏は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で追加コンテンツを制作した際、このやり方は同じ世界に要素を足していける素晴らしい方法であると実感したんですとコメント。

しかしその一方で、そのタイトルにデータ追加にとどまらない大規模な変更を加えたいと考えた場合、DLCだけでは十分ではないこともわかったと。そこで、続編(仮にBOTW 2)というアイデアが生まれました。

『BOTW 2』は当初、『BOTW 1』のさらなるDLCとして考えられていたそうです。しかし非常に多くのアイデアが出てくる中で、それなら1本の新作ゲームとしてイチから作ろうじゃないかという決定に至ったということです。

『BOTW 2』のトレーラーでは、よりダークな雰囲気、リンクと行動をともにするゼルダが描かれています。多くの新しいアイデアの中にどんな新しい遊びが含まれているのか。マルチプレイの採用はあるのかどうか。続報が待ちきれません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。