Nintendo Switch版は任天堂『スターフォックス』とのコラボレーションもある、Ubisoftのオープンワールドシューティングゲーム『スターリンク バトル・フォー・アトラス』。

おもちゃとゲームが連動する「Toys-to-Life」要素を含むシューティングゲームですが、Ubisoftが事前に期待したほどのヒットとはならず、今後のアップデートに対応する新作トイの発売中止が決まりました。

『スターリンク バトル・フォー・アトラス』新作トイは発売中止に

Ubisoftは『スターリンク バトル・フォー・アトラス』の公式サイトを更新し、プレイヤーからの継続的な支持にもかかわらず、売上は計画を下回っていると報告。春アップデートや今後に対応する、追加のおもちゃを発売しない判断を決めたと発表しました。

『スターリンク バトル・フォー・アトラス』は、スターシップを操り、広大な宇宙を自由に探索できる、オープンワールドシューティングゲーム。

かつての『スカイランダーズ』や『ディズニー・インフィニティ』『LEGO Dimensions』のような「Toys-to-Life」要素が組み込まれていて、スターシップのフィギュアやパーツを付け替えると、リアルタイムにゲームに反映されるという特徴を備えています。

Ubisoftは『スターリンク バトル・フォー・アトラス』で、ゲーム本編だけでなく「Toys-to-Life」関連収益も期待していましたが、想定していたように売上を伸ばすことができず計画は未達。アップデートに対応する新作トイの発売は中止となっていました。

そもそもToys-to-Life市場が縮小している

人気ジャンルの一角となったこともある「Toys-to-Life」市場ですが、現在は縮小し存在感がありません。『ディズニー・インフィニティ』や『LEGO Dimensions』は開発を終了。先駆者の『スカイランダーズ』も2016年の『Skylanders: Imaginators』を最後に休止状態となっています。

ビジネスが続いているのは、特定タイトルと深くつながるのではなく、広く浅くつながる任天堂の『amiibo』と、モバイルを中心に展開するTCG『Lightseekers:Awakening』くらいでしょうか。

ゲーム内コンテンツを充実させていく

将来のアップデートに対応する追加のフィギュアやパーツの発売はなくなってしまいましたが、Ubisoftは目下、新しいスターシップやパイロット、ウェポン、ミッション、アクティビティなどゲームコンテンツを拡張するアップデートに懸命に取り組んでいるとして、デジタル方面でゲームのサポートを続けていくと強調しています。

フォックス以外のスターフォックスチームも参戦

Nintendo Switch版のアップデートでは、独占の『スターフォックス』ミッションが追加。対スターウルフチームとの戦いのなかで、フォックス以外のスターフォックスチームメンバー(ファルコ、ペッピー、スリッピー)がプレイアブルになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で