マイクロソフトの電子書籍販売が終了、全額返金へ。僕らは「アクセス権」を買っていた

マイクロソフトは、サポートページに掲載したFAQの中で、「Microsoft Store」における電子書籍の購入・レンタル・予約を4月2日をもって終了し、電子書籍事業を畳むと発表しました。ストアの書籍カテゴリは既に削除済み。

マイクロソフトは電子書籍カテゴリから購入されたコンテンツに関して、全額払い戻しを行うとしています。ユーザーは、返金処理がはじまる2019年7月までの間は購入した電子書籍を読むことが可能です。レンタルも期間中は読むことが可能。4月2日以降発売の電子書籍を予約していた場合、その注文はキャンセルされ、購入金額が請求されることはありません。

所有ではなくアクセス権

こういうことが起こるとデジタルコンテンツの所有について改めて考えてしまいます。今回の件に限らず、デジタルコンテンツの購入は「所有」ではなく「アクセス権」を意味している場合がほとんどです。サービスの完全終了とまで行かなくても、配信側の都合である作品の配信が取り下げられたりすると、こちらはお金を払っているのに利用できなくなったり。

物が無くて済む便利で手軽なデジタルですが、デジタルで購入するリスクも覚えておかなくてはなりませんね。代替サービスがあればいいけれど、必ずしもそうではない場合もあるだろうし。

パッケージ版購入も、それはそれで紛失や経年劣化で読み込めなくなるなどといった不安もあるわけですけれども。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible