任天堂、Switch『メトロイドプライム4』の開発体制を見直し。オリジナル版担当のレトロスタジオとイチから再スタート

任天堂は1月25日、Nintendo Switch 向けに開発中の『Metroid Prime 4 (メトロイドプライム4)』の開発体制をイチから見直すと発表しました。1〜3までのオリジナル版を担当したレトロスタジオと再スタートを切ります。

Metroid Prime 4 (Nintendo Switch) 開発状況に関するお知らせ

『メトロイドプライム4』は2017年のE3で開発が発表された、FPA(ファーストパーソン・アドベンチャー)『メトロイドプライム』シリーズの最新作。オリジナル版『1』〜『3』を担当したレトロスタジオではない、別のデベロッパーが担当しているとされていました(噂ではバンダイナムコスタジオが担当とも。あくまで噂ですけれど)。

スクリーンショットの1枚も公開されないまま時間が経ち、それでも開発は順調とも言われていましたが、遂に今回、開発体制見直しが任天堂のソフト開発部門を統括する高橋伸也氏から発表されました。

『メトロイドプライム4』はこれまでの開発状況を見る限り、任天堂の目指す品質に届いていないという現状を踏まえ、開発体制の見直しが決定。プロデューサーの田邊賢輔氏と、オリジナル版を開発した任天堂子会社のレトロスタジオという新たな開発チームで、イチから再スタートを切ります。

開発を最初からやり直すことに近いところからの再出発となるため、完成は当初想定していたスケジュールから大幅に遅れることとなってしまいました。

  • オリジナル版を開発してきた任天堂子会社のレトロスタジオが新たに開発を担当する。
  • イチから仕切り直すため、当初想定していたスケジュールよりも大幅に完成が遅れる。

というわけで、なかなか続報が届かなかった『メトプラ4』は開発体制の見直しとなり、結局レトロが担当することとなりました。レトロスタジオはここ5年、メインでは『ドンキーコング トロピカルフリーズ』しか開発しておらず、取り掛かっているという新たなプロジェクトも未発表のまま。

グラフィックエンジニアやフィジックスエンジニア、アートディレクターなど、AAAタイトル開発人材を募っていながら、プロジェクト詳細が見えてきませんでしたが、最終的に、スタジオの代名詞でもある『メトロイドプライム』を任されることとなりました。

完成まで相当な時間がかかるのであれば、間をつなぐためにトリロジーのNintendo Switch移植の可能性も出てきそうですけれど、どうなりますか。

share

Amazon セール・キャンペーン

Amazonチャージ初回購入で1,000ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

今なら初回購入で1,000ポイントがもらえる。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、6,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

一部楽曲は Ultra HD 対応、より高音質な「Amazon Music HD」もプラス1,000円で聴ける。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック