E3 2017 の Nintendo Spotlight にて、『メトロイドプライム』シリーズの最新作『メトロイドプライム4 (仮称)』が Nintendo Switch 向けに開発中であることが発表されました。発売は2018年が予定。

10年ぶりのナンバリング最新作

2008年に Wii で発売された『メトロイドプライム3 コラプション』をもって三部作が完結して以来、新作が期待されながら、任天堂自身もその需要を理解しているとしながら次の本編タイトルから遠ざかっていた一人称視点の探索アドベンチャー(FPA)『メトロイドプライム』が、Nintendo Switch で再始動。

今回は開発中であることが明らかになったのみで、具体的な情報はまだ明らかになっていないものの、待望のナンバリング新作ということで期待は膨らむばかり。

ナンバリング新作は10年ぶりということで、シリーズを遊んだことのないユーザーも多いと思いますから、『4』の発売までに『メトロイド』を知ってもらう意味でも、日本で未発売となっているトリロジー(3部作を1本にまとめたもの)のリメイクやニンテンドー3DS『メトロイドプライム フェデレーションフォース』のリマスター/リファイン版を Nintendo Switch で出すアイデアがあってもいいかなと思いますけれども。

最近の任天堂は、戦略タイトルのマーケティングはかなり緻密にやっていますから、単体でポンと出すようなことはしないように見えますけれども。どうなりますか。

[追記]
ツリーハウスライブにて、2Dメトロイドの新作『メトロイド サムスリターンズ』がニンテンドー3DS向けに発表されました。シリーズ第2作目『メトロイドII RETURN OF SAMUS』のリメイク。長期の沈黙がウソのように、連続して新作がリリースされます。

3年前の E3 2014 で、任天堂は伝統的な2Dスタイルと、3Dのプライムスタイル両方の『メトロイド』を計画しているなんて話がありましたが、ちょうど3年が経って、その話通りにその2つが発表されました。

[追記]
今回は、オリジナル三部作を手掛けたレトロスタジオが開発にかかわっていないことが明らかになりました。レトロはどこへ?

[追記]
開発体制を見直し、レトロスタジオが開発することに

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible